こんにちは

ログインすると、より多くのコンテンツを表示できることをご存知ですか?

Support articles

テンプレートエディタで値フィールドの情報を2行に折り返す

Q.テンプレートを使用して物件名を図面枠に表示させています。物件名が長い場合、行を折り返して2行にすることはできますか。 A.値フィールドプロパティの「線の数」オプションを使用して、設定が可能です。「長さ」で指定した文字数を超過すると、「線の数」で指定した数だけ行が折り返して表示されます。 テンプレートエディタ上の設定 図面上の表示
Tekla Maintenance が必要です
by Tekla サポート
0
  • FAQ
  • ベーシック

製品コマンドの使い分け

製品化のコマンドとしては、「製品にする」、「サブアセンブリとして追加する」などのコマンドがあり、Tekla Structuresでは、これらのコマンドを利用してモデル上で、製品を定義することができます。 製品化の各コマンドを間違って利用した場合、単部材から構成された製品等が残ったり、製作や建設に必要な製品構成が変更されたり、意図しない製品が発生してしまう場合があります。 特定の製品に部材を追加する場合 すでにモデル上にある製品に部材を追加する場合には、選択スイッチでの選択を、製品オブジェクトの選択または、コンポーネントオブジェクトの選択に切り替え、部材を直接選択できる状態にします。 モデル上で、部材を選択後、マウスの右ボタンを選択し、[製品に追加]コマンドを選択し、部材を追加する製品を選択します。選択された部材は、製品を構成する部材として、追加されます。 下図のの場合は、上フランジの内側スプライス、ウェブスプライス、下フランジスプライスを上フランジの外側スプライス製品に追加しています。 この場合、選択された部材は、その部材が単独で製品となっていた場合には、選択された製品の部材となり、単独部材での製品情報はなくなります。 また、選択された部材が、別の製品に所属していた場合には、溶接やボルトに関する削除確認のダイアログが表示され、当該部材は元の製品から除外され、
Tekla Maintenance が必要です
by Tekla サポート
0
  • HINTS TIPS

並んだ部材をまたいでボルト接合する方法(オートボルト)

Q: 梁フランジのスプライスジョイントのように、分割スプライスやフィラープレートなどの部材がボルト列の片側だけに配置されている場合、それぞれの部材に対して、個別にボルト列を配置するのは大変です。 何かよい方法はありませんか。 A:ボルトコマンドでは、実行時に選択した全ての部材が、ボルトの接合対象になります。 ボルト列のうちの一部のボルトだけに接合される部材は扱えませんでした。 [オートボルト]を使うと、1つのボルト列の中に、並列に配置されている部材があっても、一括でボルト接合することができます。 実行手順 1. オートボルトの検索[オートボルト]は、サイドパネルの[アプリケーションとコンポーネント]カタログで、”オートボルト”を検索すると表示されます。 2. プロパティの設定[オートボルト]をダブルクリックしてプロパティを開き、ボルトのサイズやボルト間隔を設定し、[適用]ボタンを押し、設定を有効にします。 3. 接合部材の選択 メイン部材と副部材(残りの全ての部材)を、1つずつマウスで選択します。 選択が完了したら、マウスのホイールボタンを押します。 4.  配置位置を指示 ボルト列の開始位置の1点目と、配置方向の2点目を指示します。 コンポーネントオブジェクトの選択を有効にしてボルトを選択すると、接合先が異なるボルト毎に、
Tekla Maintenance が必要です
by Tekla サポート
0
  • FAQ
  • アドバンスド

テンプレートエディタでテキストを一括変更する

Q.テンプレートエディタ上で読み込んだファイル内のテキストのフォントを一括で変更することはできますか。 A.バージョン2018にて、テンプレートエディタに選択スイッチが追加されました。テキストの選択スイッチをオンにしてテキストのみ効率的に選択し編集することが可能です。 ツールバー上で、テキストの選択スイッチ以外をクリックしてオフにします。 複数のテキストを範囲選択し、右クリック>プロパティより、テキストプロパティダイアログを開きます。 フォント横のブラウズボタンをクリックし、フォントの選択ダイアログを開きます。 一覧からフォントを選択し、フォントの選択ダイアログにてOKボタンをクリックします。 テキストプロパティダイアログにてOKまたは適用ボタンをクリックすると、プロパティが更新されます。 操作後には、選択スイッチは元の状態に戻します。
Tekla Maintenance が必要です
by Tekla サポート
0
  • FAQ
  • ベーシック

カラーピッカー Tekla Structures

カラーピッカー Tekla Structures では好みの背景色を選ぶことでその色のRGB値を得ることができます。 得られたRGB値を以下の詳細設定に指定することで、モデルビューの背景や各種オブジェクト色を変更できます。 XS_GRID_COLOR XS_GRID_COLOR_FOR_WORK_PLANE XS_VIEW_FAST_BOLT_COLOR XS_VIEW_PART_LABEL_COLOR XS_BACKGROUND_COLOR1 XS_BACKGROUND_COLOR2 XS_BACKGROUND_COLOR3 XS_BACKGROUND_COLOR4 XS_VIEW_DIM_LINE_COLOR XS_VIEW_DIM_TEXT_COLOR   以下の画像をクリックすると別ページとしてカラーピッカーツールが開きます。  
Tekla Maintenance が必要です
by Tekla サポート
0
  • color picker
  • RAL
  • RGB
  • カラーピッカー

サーバーメインテナンスに伴う各種サービスの一時休止に関するお知らせ(2019/2/21~22)

下記の日程で、弊社のサーバーのメインテナンス作業を実施させていただきます。 メインテナンス作業の間は、ライセンス認証の「取得」や「返却」及び、サポートメールの送受信などができなくなります。 ご迷惑をお掛けすることとなり、大変申し訳ございませんが、 何卒、ご理解いただきますようお願いいたします。 (※ サーバーの保守点検は毎月後半に定期的に行っております。) サポートメールシステムの停止予定 2019年2月21日(木) 午後8時 ~ 22日(金)午前0時   メインテナンス作業の間は、弊社サポート宛てへのメールが受信できなくなります。 また、弊社からのご回答についても、メインテナンス作業の完了後に送付させていただきます。 弊社FLEXnet認証サーバーの停止予定 2019年2月22日(金) 午前2時 ~午前5時  メインテナンス作業の間は以下の操作ができなくなります。 ライセンスの認証の「取得」 ライセンスの認証の「返却」 ライセンスの「修復」  なおライセンスの認証を取得済みの場合は、問題なく以下の操作を行うことができます。 ライセンスのご使用 ネットワークライセンスのご使用 ライセンスの持ち出し 持ち出したライセンスの返却
Tekla Maintenance が必要です
by Tekla サポート
0
  • japanservices
  • news
  • お知らせ
  • サービスブレーク
  • 保守点検

Tekla Structures 2019 ハードウェア推奨仕様

1. Tekla Structures を運用するコンピューターの推奨仕様 Tekla Structuresにおける推奨ハードウェアは、Tekla Structuresのテスト時に使用したハードウェアに基づいています。したがって、この文書に示されるハードウェア構成以外であっても、利用可能、かつ、適切な構成があります。このドキュメントは新しいハードウェアを選択する際のガイドラインとして使用できますが、このドキュメントに示す装置とブランドだけが適切なハードウェア構成ではないことに留意してください。ハードウェアを選択する際の主な基準は信頼できるパフォーマンスです。 新しいハードウェアコンポーネント(グラフィックカードなど)の購入を検討している場合は、事前にテストしてそのコンポーネントが必要な要件を満たしていることを確認してください。 Tekla Structuresユーザー向けに多数のコンピューターの購入を検討している場合は、大量に購入する前にまず1~2台のコンピューターで構成のテストと確認を行ってください。Tekla Structuresはデスクトップコンピューターまたはラップトップコンピューター(ノートコンピューター)での使用を前提に設計されています。 Tekla Structures 2016より仮想環境でのライセンスの利用が可能となりました。
by Tekla User Assistance
0
  • Tekla Structures 2019 Hardware Recommendations
  • hardware recommendations

Windows 7、Windows Server 2008及びWindows Server 2008 R2のマイクロソフトによるサポート終了について

Windows 7、Windows Server 2008及びWindows Server 2008 R2のマイクロソフトによる延長サポートが2020年1月14日で終了する予定となっております。サポートが終了することで、セキュリティ更新プログラムの提供等がマイクロソフトより受けられなくなります。サポート終了に備え、新しい環境への移行を早めにご検討ください。移行に際しては、テクラ・ユーザー・アシスタンスでご案内しております、ハードウェア推奨仕様に関する情報の最新資料をご確認ください。 Microsoft Windows 7 サポート終了関連サイト:https://www.microsoft.com/ja-jp/windows/lifecycle/eos/consumer/default.aspx Microsoft Windows Server 2008 サポート終了関連サイト:https://www.microsoft.com/ja-jp/cloud-platform/windows-server-2008 Tekla Structuresのハードウェア推奨仕様に関する情報:
Tekla Maintenance が必要です
by Tekla サポート
0

オーガナイザーで製品構成部材を確認する

Q.オーガナイザーで製品内のサブアセンブリや部材情報を確認したいのですが、製品全体の情報しか表示されません。 A.オブジェクトブラウザー上で製品内のオブジェクトを表示するには、 「オブジェクトを表示 」を選択します。オーガナイザーで 「オブジェクトを表示」機能を使用して、製品構成部材を確認しやすくしたい場合には、次のように操作します。 管理タブより「オーガナイザー」ボタンをクリックし、オーガナイザーのダイアログを開きます。 「プロパティテンプレート」を「製品」にします。 「製品の選択」スイッチをオンにしてモデル上で情報を確認したい製品を選択します。  選択した製品の情報が表示されます。 製品を構成するサブアセンブリ、部材などオブジェクトの情報を表示させるには、をクリックし、 「オブジェクトを表示 」を選択します。製品を構成するオブジェクトが一覧で表示されます。 ※製品内の階層レベルが、濃さが異なる青色で表示されます。この青色の表示は、一覧の並び替えを行うと非表示になります。サブアセンブリごとにオブジェクトの表示をまとめたい場合には、製品マークでグループ化を行います。   「グループ」ボタンをクリックし、表示されたフィールドに「製品マーク」をドラッグして移動させます。製品マークによってグループが分かれますので、サブアセンブリがある場合には、サブアセンブリ単位でグループを作成できます
Tekla Maintenance が必要です
by Tekla サポート
0
  • FAQ
  • ベーシック

異なる国(環境)のプロファイルをモデルに追加する方法

Q: 中国やヨーロッパの鋼材を、日本環境に読み込んで使うことはできますか。 A: 他の国の鋼材を利用する方法の一つとして、その国の環境(中国環境など)で作成されたモデルから、プロファイルをエクスポートして利用する方法があります。 ※各国の環境は、テクラ・ダウンロードから入手できます。 ※プロファイルをエクスポートするときは、編集が加えられていない新規モデルを利用します。 プロファイルのエクスポート [ファイル] メニューで、 [カタログ] > [プロファイルカタログ] をクリックして [プロファイルカタログの編集]を開きます。 エクスポートするときは、必要な鋼材だけをエクスポートします。 全ての鋼材をエクスポートすると、インポートするときの選別が困難になります。 例えば、H形鋼のグループだけをエクスポートします。 (H型鋼のプロファイルツリーのグループを選択して、マウスの右ボタンのメニューから[プロファイルグループのエクスポート]を実行) グループを選択してエクスポートすると、次のようなファイルが書き出されます。 一般的に利用するのは、拡張子(.lis)のファイルです。 <グループ名>.profiles.clb <グループ名>.profiles.lis <グループ名>.profiles.uel <グループ名>.rules.
Tekla Maintenance が必要です
by Tekla サポート
0
  • FAQ
  • アドバンスド

図面上で線の太さを表示する

Q.図面上で線の太さを変えて表示することはできますか。 A.印刷時の線の太さは図面の印刷ダイアログ上のラインプロパティタブにて、色ごとに「線の太さ」×「基本線幅」で決定されます。例えば、「線の太さ」が「2」の場合、デフォルトの「基本線幅」は「0.1」mmのため、印刷時には0.2mmの線の太さになります。 図面の「カラーモード」を「白黒」にすると、印刷時の線の太さが図面上にも反映されます。 また、図面の「カラーモード」を「色」にすると、「プリンターの線重」オプションが選択されている場合、印刷時の線の太さが反映されます。 図面の「カラーモード」の切り替えは、図面を開いた状態で「ファイル」メニュー >[設定]>[カラーモード]より、表示色を選択します。またデフォルトのキーボードショートカットでは「B」キーをクリックすると「カラーモード」の切り替えが行えます。  
Tekla Maintenance が必要です
by Tekla サポート
0
  • FAQ
  • ベーシック

アプリケーションとコンポーネントカタログ グループの活用

Tekla Structuresのシステムコンポーネントやカスタムコンポーネント、プラグインコンポーネント、拡張ツールを利用する際には、サイドパネルのアプリケーションとコンポーネントカタログから該当するコンポーネントのサムネイルを選択し実行する、という手順となります。日本環境のアプリケーションとコンポーネントカタログでは、継手・接合部タイプや部位用途別に、各システムコンポーネントをグループ分けした設定をご提供しております。 アプリケーションとコンポーネントカタログではすべてのコンポーネントが管理されていますが、日ごろから使用する頻度の高いコンポーネントについては、すぐに探し出すことができるよう、グループを作成し、そのグループにコンポーネントを登録しておくことで、効率よくモデリングを進めることができます。グループの新規作成やコンポーネントの登録、グループを他のモデルやPCでも汎用的に使用するためにファイルとしてエクスポートを行う手順等をご紹介いたします。 アプリケーションとコンポーネントカタログ上の文字やサムネイル上以外の任意の位置で右クリックのメニューの[新規グループ] を選択します。画面上に追加するグループの名前を入力するダイアログが表示されますので、任意の名前を入力してOKボタンを押すと、リスト上にグループが追加されます。
Tekla Maintenance が必要です
by Tekla サポート
0
  • Hint
  • tips

テクニカルニュース2019

TeklaStructuresの使い方、環境設定や、障害やその対策方法等、様々なテクニカル情報を、ユーザーの皆様に毎月メールにてご案内しており、2019年に配信しましたものが、こちらに掲載されております。テクニカルニュースの定期購読(メール配信)についてはtekla.support.jp@trimble.comまでご連絡いただきますようお願い申し上げます。    主な記事 2019年1月号 【更新情報】 (テクラ・ユーザー・アシスタンス)FAQ ベーシック,FAQ アドバンス (テクラ・ウェアハウス)Jpスプライス, カスタムコンポーネント名の変更について (テクラ・ダウンロード)SR・SPのリリース状況, 今月リリースされたSP (2018i SP2)【Tips】 アプリケーションとコンポーネントカタログ グループの活用 , 曲がりの表現をより滑らかにする設定【お知らせ】 Microsoftのサポートが終了するOSについて 2019年2月号 【更新情報】 (テクラ・ユーザー・アシスタンス)FAQ ベーシック,FAQ アドバンス (テクラ・ウェアハウス)カスタムコンポーネントの名称変更及びコレクションの公開 JpHスプライス, 部材継手管理ツール, さや管 (テクラ・ダウンロード)SR・SPのリリース状況, 今月リリースされたSP (2017 SP10, 2017i SP7)【
Tekla Maintenance が必要です
by Tekla サポート
0
  • 技術
  • テクニカル
  • ニュース

リボンをカスタマイズした設定を企業フォルダーに入れて有効にする方法(管理者向け)

Question:  会社用にカスタマイズしたリボン設定を作成し企業フォルダに入れましたが有効になりません。なお、XS_FIRM フォルダは詳細設定で定義しモデルフォルダに置いています。 Answer: リボンの設定に関するXS_FIRMの定義はTekla Structuresの起動直後に参照される必要があります。したがいましてteklastructures.iniでXS_FIRMを指定されている必要があります。    <teklastructures.iniファイルの場所例> C:\Program Files\Tekla Structures\[バージョン]\nt\bin\teklastructures.ini <teklastructures.iniファイルの編集例> <ご注意ください> 本設定はシステムフォルダ内のファイル編集になるためWindowsの管理者権限が必要になります。 teklastructures.iniファイルに対して誤った編集を行うとTekla Structuresが正常に動作しなくなります。 必ずバックアップを取って、問題があればすぐに元の状態に戻せるようにしておいてください。 Tekla Structures の Service Pack(サービスパック)を適用するとteklastructures.iniファイルが上書きされ、
Tekla Maintenance が必要です
by Tekla サポート
0
  • リボン
  • 企業フォルダ
  • FAQ

曲がりの表現をより滑らかにする設定

3Dモデルおよび図面において、パイプ形状や曲げ梁など、デフォルトの設定ではカクカクした表現となる部材がありますが、本設定に変えることで多角形近似の精度が向上し、より滑らかな表現となります。 <初期値> <提案値> 設定方法 ファイルメニュー > 設定 > 詳細設定 で詳細設定ダイアログで下表にしたがって5つの設定値を提案値に変更してください。 タイプ 名前 初期値 提案値 MODEL XS_CHAMFER_ACCURACY_FACTOR 4 1 MODEL XS_CHORD_TOLERANCE_FOR_SMALL_TUBE_SEGMENTS 1 0.1 MODEL XS_CHORD_TOLERANCE_FOR_SEGMENTS 1 0.7 MODEL XS_CHORD_TOLERANCE_SMALL_TUBE_SIZE_LIMIT 50 101 MODEL XS_POLYBEAM_CHORD_TOLERANCE 1 0.5 適用ボタンとOKボタンを押してダイアログを閉じます。 設定を反映させるにはモデルを開き直してください。   ご注意点 本提案値はいくつかのモデルでソリッドエラー(部材が表示されないエラー)が起きないことを確認していますが、モデルによってはソリッドエラーが起きる可能性がございます。
Tekla Maintenance が必要です
by Tekla サポート
0
  • 曲面
  • ソリッドエラー

大梁3断面コンポーネント(Ver.1.6)

1.概要 モデル上で指示した2点間に左右端ブラケット部材、中央梁部材の3部材を配置することが出来るプラグインコンポーネントです。梁端部には水平・垂直ハンチ及び水平・垂直スチフナーが作成されます。大梁3断面のコンポーネントに関連したコンポーネントとして、GirderDetailとGirderJointがあります。これらのコンポーネントについても、使用方法をご紹介いたします。 プラグインコンポーネントのバージョンは1.6です。このバージョンはTekla Structures 2018以降でご利用いただくことができます。以前のバージョン(1.4)とは互換性の取れていないパラメータがありますので、詳細については本記事の"6.プラグインのバージョンの互換性"をご確認ください。プラグインコンポーネントのバージョンについては、大梁3断面コンポーネントのピクチャータブに記載されています。 大梁3断面を実行し、部材の配置を行うと以下のように複数のコンポーネントが実行されます。 GirderDetailは梁端部に水平ハンチ、垂直ハンチ、スチフナーを作成するプラグインコンポーネントです。大梁3断面のプラグインコンポーネントに内包されて動作しますので、個別に実行する必要はありません。 GirderJointはシステムコンポーネント"鋼管柱-梁 仕口部(21)"で作成されたパネルゾーンに対して、
Tekla Maintenance が必要です
by Tekla サポート
0

サーバーメインテナンスに伴う各種サービスの一時休止に関するお知らせ(2019/1/17~18)

下記の日程で、弊社のサーバーのメインテナンス作業を実施させていただきます。 メインテナンス作業の間は、ライセンス認証の「取得」や「返却」及び、サポートメールの送受信などができなくなります。 ご迷惑をお掛けすることとなり、大変申し訳ございませんが、 何卒、ご理解いただきますようお願いいたします。 (※ サーバーの保守点検は毎月後半に定期的に行っております。) サポートメールシステムの停止予定 2019年1月17日(木) 午後8時 ~ 18日(金)午前0時   メインテナンス作業の間は、弊社サポート宛てへのメールが受信できなくなります。 また、弊社からのご回答についても、メインテナンス作業の完了後に送付させていただきます。 弊社FLEXnet認証サーバーの停止予定 2019年1月18日(金) 午前2時 ~午前5時   メインテナンス作業の間は以下の操作ができなくなります。 ライセンスの認証の「取得」 ライセンスの認証の「返却」 ライセンスの「修復」   なおライセンスの認証を取得済みの場合は、問題なく以下の操作を行うことができます。 ライセンスのご使用 ネットワークライセンスのご使用 ライセンスの持ち出し 持ち出したライセンスの返却
Tekla Maintenance が必要です
by Tekla サポート
0
  • japanservices
  • news
  • お知らせ
  • サービスブレーク
  • 保守点検

Citrix で Tekla Structures を実行する際のハードウェアの推奨仕様

Tekla Structures を Citrix アプリケーションならびにデスクトップ仮想化と併用すれば、柔軟かつ安全、しかも簡単にユーザーを Tekla Structures プロジェクトに追加できます。この方法だとをローカルに Tekla Structures をインストールしてプロジェクト データをユーザーのコンピューターにコピーする必要がありません。 サポートされているプラットフォームは以下のとおりです。 Citrix XenApp 7.6 Citrix XenDesktop 7.6 または VMware vSphere 6.0 ハイパーバイザ 推奨されるサーバーの仕様は以下のとおりです。 高速グラフィック カード (NVIDIA GRID K520 または新しい NVIDIA Tesla GPU) 用途に応じて、各ユーザーに 8 GB ~ 16 GB のメイン メモリー ハイエンド CPU (最新世代の Intel Xeon E5 または E7 ファミリー) Windows サーバー 2012 R2 オペレーティング システム 1 Mb/秒以上のネットワーク帯域幅 仮想サーバーのローカル ディスクをモデル フォルダーの保存に使用しないでください。環境を含むプロジェクト データは、データ センター内の別の (サーバー) コンピューターまたは社内ネットワーク内のファイル
by Tekla User Assistance
0
  • Citrix

図面のDWGエクスポート時に図枠がエクスポートされない場合の対処法

Q.図面をDWG形式にエクスポートした結果、図面の枠線がエクスポートされず、ビューの配置も元の図面と変わってしまっています。 A.オプションタブの「CADモデルスペースへのスナップショットとしての図面」にチェックを入れてエクスポートを実行します。 バージョン2017iより、図面のDWG/DXFエクスポートの仕組みが変わりました。デフォルトでは、Tekla Structuresの図面の枠線やレイアウト設定はレイアウト空間にエクスポートされます。モデル空間にTekla Structuresの図面画面の状態のままエクスポートしたい場合には、「CADモデルスペースへのスナップショットとしての図面」にチェックを入れます。
Tekla Maintenance が必要です
by Tekla サポート
0
  • FAQ
  • ベーシック

「描画できないテンプレートがあります」と警告メッセージが表示された場合の対処法

Q.他社から受領したモデルにて図面を開こうとすると「描画できないテンプレートがあります」というメッセージが表示されます。 A.図面レイアウト設定で使用テーブルとして指定されたtplファイルが読み込めないと、本メッセージが表示されます。 モデル作成元より該当tplファイル入手し、モデルフォルダ直下に保存すると本メッセージは表示されなくなります。 tplファイルの保存先フォルダとしては次が利用できます。ユーザー様側で作成また編集したtplファイルはいずれかのフォルダに保存されていると考えられますので、これらのフォルダ内から検索します。 詳細設定 XS_TEMPLATE_DIRECTORY で指定されているフォルダ(日本環境の場合、指定はありません) モデルフォルダ 企業フォルダまたはプロジェクトフォルダ(ユーザー様側で作成した場合) システムフォルダ   各種ファイルの保存先フォルダについては、次のリンクをご参照ください。フォルダの検索順序 
Tekla Maintenance が必要です
by Tekla サポート
0
  • FAQ
  • ベーシック

ページ