こんにちは

ログインすると、より多くのコンテンツを表示できることをご存知ですか?

Tekla Structures 2019i 新機能のご紹介 ロフトプレート、ロフトスラブ

最終更新 January 7, 2020 by Tekla サポート tekla.support.jp@trimble.com

環境: 
Japan

Tekla Structures 2019i 新機能のご紹介 ロフトプレート、ロフトスラブ

Tekla Structures 2019iでは、モデル上に予め作成した補助線や補助円、補助円弧等の作図オブジェクトを使って、始終点の断面形状が異なるプレートやスラブ(ロフトプレート、ロフトスラブ)を作成することができるようになりました。


例えば、モデル空間上に2つの補助線を立体的に交錯する関係(空間的に捻れた関係)で作成し、[鋼材]メニュー内の[プレート] > [ロフトプレート]、または[コンクリート]メニュー内の[スラブ] > [ロフトスラブ]を選択し、2線を順番に指示することで、モデル上に捻じれたプレートやスラブを作成するができます。

注記: