こんにちは

ログインすると、より多くのコンテンツを表示できることをご存知ですか?

Extensions

展開単品図

目次 目的と詳細展開単品図の使用展開単品図の設定追加情報
by Tekla User Assistance
0

Part Presentation Mark

目次   目的と詳細システム要件Part Presentation MarkのインストールPart Presentation Markの使用アプリケーションのプロパティアプリケーションのボタン追加情報  目的と詳細 図面内の部材の特殊な部材を作成するには、Part Presentation Markコンポーネントを使用します。
by Tekla User Assistance
0

Part Presentation Mark

目次   目的と詳細システム要件Part Presentation MarkのインストールPart Presentation Markの使用アプリケーションのプロパティアプリケーションのボタン追加情報  目的と詳細 図面内の部材の特殊な部材を作成するには、Part Presentation Markコンポーネントを使用します。
by Tekla User Assistance
0

パイプ巻形寸法

目次 目的と詳細システム要件パイプ巻形寸法のインストールパイプ巻形寸法の使用パイプ巻形寸法の設定追加情報 目的と詳細 パイプ巻形寸法アプリケーションは、パイプ材を展開した図面においてパイプの端部の寸法を作成するのに役に立ちます。これらの寸法は、手動でのカット用または品質保証用の点のレイアウトに使用できます。
by Tekla User Assistance
0

Length of edge preparation

目次   目的と詳細システム要件Length of edge preparationのインストールLength of edge preparationの使用アプリケーションのプロパティ  目的と詳細 Length of edge preparationコンポーネントを使用すると、プレート(ポリゴンプレートまたは梁部材で作成)の開先の長さを計算することができます。 システム要件 Tekla Structuresのバージョン: 20.0.NET Frameworkのバージョン: 4.0環境: すべて
by Tekla User Assistance
0

一般図部材検索ツール

目次   目的と詳細システム要件一般図部材検索ツールのインストール一般図部材検索ツールの使用アプリケーションのプロパティ追加情報  目的と詳細 選択した部材に従って一般図をフィルターしたり、選択した図面に基づいてモデル内の部材を検索して選択したりするには、[一般図部材検索ツール]コンポーネントを使用します。 システム要件 Tekla Structuresのバージョン: 19.1.NET Frameworkのバージョン: 4.0環境: すべて
by Tekla User Assistance
0

パターンライン

目次   目的と詳細システム要件パターンラインのインストールパターンラインの使用アプリケーションのプロパティ追加情報  目的と詳細 パターンラインコンポーネントを使用すると、Tekla Structures図面にパターンラインを描画することができます。 システム要件 Tekla Structuresのバージョン: 20.0.NET Frameworkのバージョン: 4.0環境: すべて
by Tekla User Assistance
0

スケッチシート

目次   目的と詳細システム要件スケッチシートのインストールスケッチシートの使用アプリケーションのプロパティ  目的と詳細 スケッチシートコンポーネントを使用すると、製作検査図からすべてのデータ(すべてのマークおよびその値)を収集することができます。 システム要件 Tekla Structuresのバージョン: 20.0.NET Frameworkのバージョン: 4.0環境: すべて
by Tekla User Assistance
0

モデルチェックスイート

目次   目的と詳細システム要件モデルチェックスイートのインストールモデルチェックスイートの使用アプリケーションのプロパティアプリケーションのボタン  目的と詳細 モデルチェックスイート拡張アプリケーションを使用すると、既存のチェック条件や新しく作成したチェック条件を使用して、モデルを確認またはレビューすることができます。 システム要件 Tekla Structuresのバージョン:20.0.NET Frameworkのバージョン:4.0環境: すべて
by Tekla User Assistance
0

ボルト孔体積

目次   目的と詳細システム要件ボルト孔体積のインストールボルト孔体積の使用アプリケーションのプロパティ  目的と詳細 ボルト孔体積コンポーネントを使用すると、部材に影響するボルト孔の体積を計算し、それらをユーザー定義情報ファイルに書き込むことができます。部材を照会すると、ユーザー定義情報ファイル内の値を確認できます。ユーザーは、レポートでユーザー定義情報を使用して、部材の正しい体積や重量を計算することができます。このユーザー定義情報の名前は、BOLT_HOLE_VOLUMEです。
by Tekla User Assistance
0

溶接パス図面ツール

目次   目的と詳細システム要件溶接パス図面ツールのインストール溶接パス図面ツールの使用アプリケーションのプロパティアプリケーションのボタン追加情報  目的と詳細 [溶接パス図面ツール]コンポーネントを使用すると、Tekla図面に溶接のパスと種類を記号状の線を使用して示すことができます。
by Tekla User Assistance
0

梁(曲)

目次   目的と詳細システム要件曲げ梁配置ツールのインストール曲げ梁配置ツールの使用アプリケーションのプロパティアプリケーションのボタン追加情報  目的と詳細 2点梁(曲)コマンドと同じ方法で梁(曲)を作成して、最終結果を梁(折)にするには、曲げ梁配置ツールコンポーネントを使用します。
by Tekla User Assistance
0

梁(曲)

目次   目的と詳細システム要件曲げ梁配置ツールのインストール曲げ梁配置ツールの使用アプリケーションのプロパティアプリケーションのボタン追加情報  目的と詳細 2点梁(曲)コマンドと同じ方法で梁(曲)を作成して、最終結果を梁(折)にするには、曲げ梁配置ツールコンポーネントを使用します。
by Tekla User Assistance
0

梁(曲)

目次   目的と詳細システム要件曲げ梁配置ツールのインストール曲げ梁配置ツールの使用アプリケーションのプロパティアプリケーションのボタン追加情報  目的と詳細 2点梁(曲)コマンドと同じ方法で梁(曲)を作成して、最終結果を梁(折)にするには、曲げ梁配置ツールコンポーネントを使用します。
by Tekla User Assistance
0

作業平面マネージャ

目次   目的と詳細システム要件作業平面マネージャのインストール作業平面マネージャの使用アプリケーションのボタン追加情報  目的と詳細 作業平面マネージャコンポーネントを使用すると、モデルの作業平面を定義および管理することができます。 システム要件 Tekla Structuresのバージョン: 20.1.NET Frameworkのバージョン: 4.0環境: すべて
by Tekla User Assistance
0

一般図作成ツール

目次   目的と詳細システム要件一般図作成ツールのインストール一般図作成ツールの使用アプリケーションのプロパティアプリケーションのボタン追加情報  目的と詳細 選択した基準線を使用して伏図と軸組図を作成するには、一般図作成ツールコンポーネントを使用します。
by Tekla User Assistance
0

一般図作成ツール

目次   目的と詳細システム要件一般図作成ツールのインストール一般図作成ツールの使用アプリケーションのプロパティアプリケーションのボタン追加情報  目的と詳細 選択した基準線を使用して伏図と軸組図を作成するには、一般図作成ツールコンポーネントを使用します。
by Tekla User Assistance
0

隣接基準線と方位マーク

目次   目的と詳細システム要件隣接基準線と方位マークのインストール隣接基準線と方位マークの使用アプリケーションのプロパティアプリケーションのボタン  目的と詳細 製品ビューで隣接基準線や方位を指定することで、製品の位置に関する追加情報を製品図に含めるには、隣接基準線と方位マークコンポーネントを使用します。 システム要件 Tekla Structuresのバージョン: 20.0.NET Frameworkのバージョン: 4.0環境: すべて
by Tekla User Assistance
0

一般図作成ツール

目次   目的と詳細システム要件一般図作成ツールのインストール一般図作成ツールの使用アプリケーションのプロパティアプリケーションのボタン追加情報  目的と詳細 選択した基準線を使用して伏図と軸組図を作成するには、一般図作成ツールコンポーネントを使用します。
by Tekla User Assistance
0

隣接基準線と方位マーク

目次   目的と詳細システム要件隣接基準線と方位マークのインストール隣接基準線と方位マークの使用アプリケーションのプロパティアプリケーションのボタン  目的と詳細 製品ビューで隣接基準線や方位を指定することで、製品の位置に関する追加情報を製品図に含めるには、隣接基準線と方位マークコンポーネントを使用します。 システム要件 Tekla Structuresのバージョン: 19.1.NET Frameworkのバージョン: 4.0環境: すべて
by Tekla User Assistance
0

ページ

.