こんにちは

ログインすると、より多くのコンテンツを表示できることをご存知ですか?

Extensions

隣接基準線と方位マーク

目次   目的と詳細システム要件隣接基準線と方位マークのインストール隣接基準線と方位マークの使用アプリケーションのプロパティアプリケーションのボタン  目的と詳細 製品ビューで隣接基準線や方位を指定することで、製品の位置に関する追加情報を製品図に含めるには、隣接基準線と方位マークコンポーネントを使用します。 システム要件 Tekla Structuresのバージョン: 19.0.NET Frameworkのバージョン: 4.0環境: すべて
by Steel Extensions
0

自動寸法ツール

目次 目的と詳細 システム要件 インストール ツールの起動 [寸法作成ルールのプロパティ]ダイアログボックス ルールの使用 鉄筋と緊張材の寸法の作成 ボルトの寸法の作成 技術情報 既知の問題 1. 目的と詳細 1.1. 解説
by Tekla Extensions Global
0

一般図作成ツール

目次   目的と詳細システム要件一般図作成ツールのインストール一般図作成ツールの使用アプリケーションのプロパティアプリケーションのボタン追加情報  目的と詳細 選択した基準線を使用して伏図と軸組図を作成するには、一般図作成ツールコンポーネントを使用します。
by Steel Extensions
0

Part Presentation Mark

目次   目的と詳細システム要件Part Presentation MarkのインストールPart Presentation Markの使用アプリケーションのプロパティアプリケーションのボタン追加情報  目的と詳細 図面内の部材の特殊な部材を作成するには、Part Presentation Markコンポーネントを使用します。
by Steel Extensions
0

Length of edge preparation

目次   目的と詳細システム要件Length of edge preparationのインストールLength of edge preparationの使用アプリケーションのプロパティ  目的と詳細 Length of edge preparationコンポーネントを使用すると、プレート(ポリゴンプレートまたは梁部材で作成)の開先の長さを計算することができます。 システム要件 Tekla Structuresのバージョン: 19.0.NET Frameworkのバージョン: 4.0環境: すべて
by Steel Extensions
0

Bolt Centerline Export

目次 目的と詳細Bolt Centerline ExportのインストールBolt Centerline Exportの使用ボルト中心線エクスポートのオプション追加情報
by Steel Extensions
0

詳細設定の変更

1.目的と詳細 このツールを使用すると、デフォルト設定との比較処理を自動化して、モデルにおいて変更されている詳細設定を検出することができます。 2.システム要件 .NET Frameworkのバージョン:4.0環境:すべて言語:英語Tekla Structuresのバージョン:19.0 3.操作手順 1. Tekla Structuresのバージョン19.0を実行し、モデルを開いておきます。2.起動するには、[ツール] > [マクロ] > [AdvancedOptionChanges]に移動します。この操作によりダイアログボックスが開きます。3.マクロが実行されるのを待ちます。4.変更された詳細設定が表示されます。5.オプション名をコピーし、[詳細設定]ダイアログボックスからそれを検索します。6.[結果を開く]ボタンをクリックし、テキストファイルの結果を確認します。 4.技術的詳細 このツールでは、[詳細設定]ダイアログボックスで使用できる"ファイルへの書き込み"機能を使用して、比較が実行されます。比較処理は次のとおりです。
by Tekla Global Support
0

サポートツール

目的と詳細 サポートツールは、Teklaサポートへの問い合せが必要なときに使用するツールであり、状況に応じて必要なモデルの情報や追加情報を収集します。- 開かれているモデルを検出し、モデルフォルダ全体を自動的に添付します。- ライセンス情報およびシステム情報を自動的に収集します。- 問題を説明するための簡単なテンプレートを提供します。- メッセージおよび添付されたモデル情報とシステム情報をTeklaサポートにアップロードします。
by Tekla Structures Extensions UK
0

パターンライン

目次   目的と詳細システム要件パターンラインのインストールパターンラインの使用アプリケーションのプロパティ追加情報  目的と詳細 パターンラインコンポーネントを使用すると、Tekla Structures図面にパターンラインを描画することができます。 システム要件 Tekla Structuresのバージョン: 19.0.NET Frameworkのバージョン: 4.0環境: すべて
by Steel Extensions
0

部材合成ウィザード

目次   目的と詳細システム要件部材合成ウィザードのインストール部材合成ウィザードの使用アプリケーションのプロパティ  目的と詳細 部材合成ウィザードコンポーネントを使用すると、ディテールを含む部材を簡単に合成することができます。部材合成コマンドを使用して部材を合成すると、その部材に関連付けられているボルト、角処理(面取り)、溶接、および鉄筋は失われます。部材合成ウィザードは、これらのディテールを処理して、新しく形成された部材にそれらを再度割り当てるため、それらのディテールが失われません。
by Steel Extensions
0

スケッチシート

目次   目的と詳細システム要件スケッチシートのインストールスケッチシートの使用アプリケーションのプロパティ  目的と詳細 スケッチシートコンポーネントを使用すると、製作確認レポート用に図面のすべてのデータ(すべてのマークおよびその値)を収集することができます。 システム要件 Tekla Structuresのバージョン:19.1.NET Frameworkのバージョン:4.0環境: すべて
by Steel Extensions
0

作業平面マネージャ

目次   目的と詳細システム要件作業平面マネージャのインストール作業平面マネージャの使用アプリケーションのボタン追加情報  目的と詳細 作業平面マネージャコンポーネントを使用すると、モデルの作業平面を定義および管理することができます。 システム要件 Tekla Structuresのバージョン:19.1.NET Frameworkのバージョン:4.0環境: すべて
by Steel Extensions
0

図面スナップショットの作成

目次   目的と詳細システム要件図面スナップショットの作成のインストール図面スナップショットの作成の使用アプリケーションのプロパティアプリケーションのボタン追加情報  目的と詳細 図面スナップショットの作成コンポーネントを使用すると、開かれているモデルの選択された図面のスナップショットを作成することができます。
by Steel Extensions
0

部材合成ウィザード

目次   目的と詳細システム要件部材合成ウィザードのインストール部材合成ウィザードの使用アプリケーションのプロパティ  目的と詳細 部材合成ウィザードコンポーネントを使用すると、ディテールを含む部材を簡単に合成することができます。部材合成コマンドを使用して部材を合成すると、その部材に関連付けられているボルト、角処理(面取り)、溶接、および鉄筋は失われます。部材合成ウィザードは、これらのディテールを処理して、新しく形成された部材にそれらを再度割り当てるため、それらのディテールが失われません。
by Steel Extensions
0

エッジ開先の詳細

目次   目的と詳細システム要件エッジ開先の詳細のインストールエッジ開先の詳細の使用アプリケーションのプロパティアプリケーションのボタン追加情報 目的と詳細 エッジ開先の詳細コンポーネントを使用すると、角処理(面取り)を含む部材の自動断面図と角処理寸法を作成することができます。
by Steel Extensions
0

パターンラインエディタ

目次   目的と詳細システム要件パターンラインエディタのインストールパターンラインエディタの使用アプリケーションのプロパティアプリケーションのボタン追加情報 
by Steel Extensions
0

パターンライン

目次   目的と詳細システム要件パターンラインのインストールパターンラインの使用アプリケーションのプロパティ追加情報  目的と詳細 パターンラインコンポーネントを使用すると、Tekla図面にパターンラインを描画することができます。 システム要件 Tekla Structuresのバージョン:19.1.NET Frameworkのバージョン:4.0環境: すべて
by Steel Extensions
0

溶接パス図面ツール

目次   目的と詳細システム要件溶接パス図面ツールのインストール溶接パス図面ツールの使用アプリケーションのプロパティアプリケーションのボタン追加情報  目的と詳細 [溶接パス図面ツール]コンポーネントを使用すると、Tekla図面に溶接のパスと種類を記号状の線を使用して示すことができます。
by Steel Extensions
0

配列化ツール(平行)

目次   目的と詳細システム要件配列化ツール(平行)の使用  目的と詳細 配列化ツールコンポーネントを使用すると、選択したオブジェクトを複数の方向に、指定された間隔でコピーすることができます。 システム要件 Tekla Structuresのバージョン:19.1.NET Frameworkのバージョン:4.0環境: すべて 平行配列ツールの使用 アプリケーションを使用するには、次のようにします。
by Steel Extensions
0

開先長さツール

目次   目的と詳細システム要件開先長さツールのインストール開先の長さツールの使用アプリケーションのプロパティ  目的と詳細 開先長さツールコンポーネントを使用すると、プレート(ポリゴンプレートまたは梁部材で作成)の開先の長さを計算することができます。 システム要件 Tekla Structuresのバージョン:19.1.NET Frameworkのバージョン:4.0環境: すべて
by Steel Extensions
0

ページ

.