こんにちは

ログインすると、より多くのコンテンツを表示できることをご存知ですか?

Extensions

Jpスプライス(JpSpliceJoint)

概要 最新ツールバージョン:1.5対象TeklaStructuresバージョン:2017以降形鋼を含む任意の断面をもつ部材同士の突合せボルト継手をつくるプラグインコンポーネントです。 生成されるオブジェクト スプライスプレートフィラープレートボルト溶接(所属のため) 制限 継手のメイン部材・副部材はそれぞれが形鋼または板で構成される製品であることが必要です。また、メイン部材・副部材の製品構成を判定するため、本継手では工場ボルトによる接合は行えません。現場ボルトに限られます。1グループのボルトは最大100本です。グループ数に制限はありません。
by Tekla サポート
0
  • スプライス
  • Splice
  • 突合せ
  • 大梁継手

Jpスプライス(JpSpliceJoint)

概要生成されるオブジェクト制限部材の指示ピクチャータブウエブ1、フランジ1、ウエブ2、フランジ2 タブボルト配置タイプ:ウエブ・フランジの説明鉛直ハンチを持つ梁に適用する方法 Tips
by Tekla サポート
0
  • スプライス
  • Splice
  • 突合せ
  • 大梁継手

建て方符号ツールⅡ

はじめに 建て方符号ツールでは、作業中のモデルの製品マークを、基準線やフロア、節等の位置情報を参照し、通り名や階名、節名等が含まれたマーク(建て方符号)を作成するツールです。本ツールは、[節・階情報]、[製品情報]、[マーク情報]、[カスタムマーク]の各タブページから構成されています。 本ツールの基本的な使い方 本ツールは、各タブページで設定された情報を参照し、通り名や階名、節名等が含まれたマーク(建て方符号)を作成します。
by Tekla サポート
0

Export to Revit Geometry

目次 概要動作環境インストールアプリケーションとコンポーネントバージョン履歴使い方補足情報既知の問題点概要 本拡張機能を使用することで、Tekla Structuresのモデル形状をネイティブのAutodesk®Revit®プロジェクトの.rvtファイルにエクスポートできます。 注:Autodesk、Autodeskのロゴ、およびRevitは、Autodesk社、その子会社、関連会社、あるいはその両方の米国およびその他の国における登録商標または商標です。
by Shu Ozaki
0

マルチコンバーター

<ご利用にあたって>本ツールは、各利用者の自己責任"use at your own risk"にてご利用して頂くアプリケーションの為「現状のまま」でご利用お願い申し上げます。将来の機能改善や不具合修正を保証するものではありません。また、弊社の独自の裁量によって、事前通知のなく、ツールのご提供の停止・仕様の変更・利用バージョンの範囲等のいかなる変更が行われる場合があります事を ご承諾の上、ご利用の程お願い申し上げます。  目次 目的と説明必要なシステムマルチコンバーターのインストールUマルチコンバーターの使い方既知の問題Hints and Tips
by Tekla サポート
5
  • multi-converter
  • export a step model
  • Step Iges converter
  • STEP
  • IGES
  • IFC
  • OBJ
  • STL
  • export

リングプレート

目次   目的と詳細システム要件リングプレートのインストールリングプレートの使用部材の識別キーピクチャー部材角処理  目的と詳細 リングプレートを作成するには、[リングプレート]ジョイントを使用します。 丸、楕円、角型のリングプレートを 作成できます。 また、[リングプレート]では、柱とリングプレートの間に溶接が作成されます。
by Steel Extensions
0

コメントツール

目次 目的と詳細 システム要件 インストールと起動 基本的な使用方法 コメントの共有
by Tekla Extensions - General Design
0

キャッププレートディテール

目次   目的と詳細システム要件キャッププレートディテールのインストールキャッププレートディテールの使用部材の識別キーピクチャー部材  目的と詳細 柱/梁または折れ梁にキャッププレートを作成するには、[キャッププレートディテール]コンポーネントを使用します。
by Steel Extensions
0
by Steel Extensions
0

梁(曲)

目次   目的と詳細システム要件曲げ梁配置ツールのインストール曲げ梁配置ツールの使用アプリケーションのプロパティアプリケーションのボタン追加情報  目的と詳細 2点梁(曲)コマンドと同じ方法で梁(曲)を作成して、最終結果を梁(折)にするには、曲げ梁配置ツールコンポーネントを使用します。
by Steel Extensions
0

展開単品図

目次 目的と詳細展開単品図の使用展開単品図の設定追加情報
by Steel Extensions
0

溶接マーク結合

目次   目的と詳細システム要件溶接記号の結合ツールのインストール溶接記号の結合ツールの使用アプリケーションのプロパティとボタン  目的と詳細 同じプロパティを持つ図面の溶接を結合するには、溶接記号の結合ツールコンポーネントを使用します。 システム要件 Tekla Structuresのバージョン: 19.0.NET Frameworkのバージョン: 4.0環境: すべて
by Steel Extensions
0

作業平面マネージャ

目次   目的と詳細システム要件作業平面マネージャのインストール作業平面マネージャの使用アプリケーションのボタン追加情報  目的と詳細 作業平面マネージャコンポーネントを使用すると、モデルの作業平面を定義および管理することができます。 システム要件 Tekla Structuresのバージョン: 19.0.NET Frameworkのバージョン: 4.0環境: すべて
by Steel Extensions
0

ボルト非塗装面ツール

目次   目的と詳細システム要件ボルト非塗装面ツールの使用仕上げ材属性を作成する別の方法[一般][仕上げ材属性]追加情報  目的と詳細 ボルト非塗装面ツールコンポーネントを使用すると、互いにボルト接合された部材間の"非塗装領域"を表す仕上げ材を作成できます。
by Steel Extensions
0

スケッチシート

目次   目的と詳細システム要件スケッチシートのインストールスケッチシートの使用アプリケーションのプロパティ  目的と詳細 スケッチシートコンポーネントを使用すると、製作検査図からすべてのデータ(すべてのマークおよびその値)を収集することができます。 システム要件 Tekla Structuresのバージョン: 19.0.NET Frameworkのバージョン: 4.0環境: すべて
by Steel Extensions
0

ボルト孔体積

目次   目的と詳細システム要件ボルト孔体積のインストールボルト孔体積の使用アプリケーションのプロパティ  目的と詳細 ボルト孔体積コンポーネントを使用すると、部材に影響するボルト孔の体積を計算し、それらをユーザー定義情報ファイルに書き込むことができます。部材を照会すると、ユーザー定義情報ファイル内の値を確認できます。ユーザーは、レポートでユーザー定義情報を使用して、部材の正しい体積や重量を計算することができます。このユーザー定義情報の名前は、BOLT_HOLE_VOLUMEです。
by Steel Extensions
0

一般図部材検索ツール

目次   目的と詳細システム要件一般図部材検索ツールのインストール一般図部材検索ツールの使用アプリケーションのプロパティ追加情報  目的と詳細 選択した部材に従って一般図をフィルターしたり、選択した図面に基づいてモデル内の部材を検索して選択したりするには、[一般図部材検索ツール]コンポーネントを使用します。 システム要件 Tekla Structuresのバージョン: 19.0.NET Frameworkのバージョン: 4.0環境: すべて
by Steel Extensions
0

曲線寸法

目次   目的と詳細システム要件曲線寸法のインストール曲線寸法の使用アプリケーションのプロパティ  目的と詳細 曲線寸法コンポーネントを使用すると、円の中心と円周の間に伸びる寸法線を作成することができます。また、直径の寸法を作成することもできます。 システム要件 Tekla Structuresのバージョン:19.0.NET Frameworkのバージョン:4.0環境: すべて
by Steel Extensions
0

モデルチェックスイート

目次   目的と詳細システム要件モデルチェックスイートのインストールモデルチェックスイートの使用アプリケーションのプロパティアプリケーションのボタン  目的と詳細 モデルチェックスイート拡張アプリケーションを使用すると、既存のチェック条件や新しく作成したチェック条件を使用して、モデルを確認またはレビューすることができます。 システム要件 Tekla Structuresのバージョン:19.0.NET Frameworkのバージョン:4.0環境: すべて
by Steel Extensions
0

パッケージングツール

目次 目的と詳細システム要件パッケージングツールのインストールパッケージングツールの使用追加情報 目的と詳細 パッケージングツールは、図面、NCファイル、レポート、およびその他のモデル出力ファイルのパッケージへの返信を作成、送信、トラッキングするプロセスを自動化します。このツールの主な機能を以下に示します。
by Steel Extensions
0

ページ

.