こんにちは

ログインすると、より多くのコンテンツを表示できることをご存知ですか?

Export to Revit Geometry

最終更新 April 3, 2019 by Shu Ozaki shu.ozaki@trimble.com

ソフトウェアのバージョン: 
2019
環境: 
Japan

Export to Revit Geometry

目次

概要
動作環境
インストール
アプリケーションとコンポーネント
バージョン履歴
使い方
補足情報
既知の問題点

概要

本拡張機能を使用することで、Tekla Structuresのモデル形状をネイティブのAutodesk®Revit®プロジェクトの.rvtファイルにエクスポートできます。

注:Autodesk、Autodeskのロゴ、およびRevitは、Autodesk社、その子会社、関連会社、あるいはその両方の米国およびその他の国における登録商標または商標です。

動作環境

Tekla Structures 2019.

インストール

本ツールは Tekla Warehouseより *.tsep (Tekla Structures 拡張ツール) 形式のパッケージとしてご提供いたします。

アプリケーションとコンポーネント

本ツールは「Revit形状にエクスポート」という名前のツールとして、アプリケーションとコンポーネントパネルに追加されますのでそこから起動してください。

バージョン履歴

最初リリースはTekla Structures 2019用

使い方

モデル部材を Revit rvt ファイルにエクスポート

Step 1 - アプリケーションとコンポーネントパネルから本ツールを起動します。
Step 2 - 下図のダイアログが開きます:

 

ファイル名: .rvt ファイル名を入力します.
フォルダ: rvt ファイルが出力されるフォルダー名をモデルフォルダからの相対パス名で入力します.
位置: 基準となる点として、モデル原点か作業平面を選択します.
モデル名: 全部材(オブジェクト)を対象にするか選択された部材(オブジェクト)を対象にするかを指定します.

ダイアログ設定は、任意の名前をつけて保存するができます(ダイアログの上部、ドロップダウンリストと保存アイコン)。 ドロップダウンリストを展開して、以前に保存したダイアログ設定を表示して読み込むことができます。

Step 3 - エクスポートボタンを押します。 注意; エクスポートの進行中はTekla Structuresを使用することはできません。 エクスポート中はプログレスバーが表示され、必要に応じてエクスポートをキャンセルできます。

Step 4 - エクスポートが完了すると以下のメッセージボックスが表示されます:
 

フォルダを開く: エクスポートされた rvt ファイルがあるフォルダを開きます.
ログファイルを見る: ログファイルをメモ帳で開きます。 ログファイルには、Tekla Structuresのバージョン、モデル単位、モデルパスと名前、選択したオプション、エクスポートの開始時刻と終了時刻、エクスポート中のエラーや警告に関する情報が記載されています。 ログファイルは<model> \ logs \ RevitRvtExport_username.logに書き込まれます。ここで、usernameはログオンしたユーザー名です.

Step 5 - version 2018 以降の Revit で rvt ファイルを開きます.

補足情報

  • Revit 2018 rvt プロジェクトファイルを作成します。
  • Tekla Structuresモデル部材は、BREPベースのインプレースシステムファミリとしてエクスポートされます。 パラメトリックファミリは現在サポートされていません。
  • エクスポートされるファミリ名は次のとおりです。部材名 - プロファイル - 材質 -  GUID。
  • 以下のファミリーカテゴリがサポートされています。
    • 構造フレーム
    • 構造柱
    • 構造基礎
    • モデル全般
  • Tekla Structuresで定義された材料タイプと等級は、インプレイスファミリインスタンスに割り当てられます。 また現在のところ、鉄、コンクリート、木材をサポートしています。
  • 次のTekla Structuresの部材の属性がエクスポートされ、ファミリパラメータとしてインプレースファミリに関連付けられます。
    • プロファイル
    • 材質
    • 名前
    • 高さ
    • 長さ
    • 面積
    • 体積
    • 重量
    • Tekla Structures GUID
    • コメント
    • 仕上げ
  • メトリックまたはインペリアルのRevitプロジェクトファイルは、Tekla Structuresモデルの単位設定に基づいて作成されます。

既知問題

BREP品質、エッジ長

RevitはTekla StructuresよりもBREPの品質に制限があり、エッジの長さが短い、通常1/32 "または0.79mm未満のBREPSは、正常にrvtファイルにエクスポートできますが、Revitプロジェクトファイルを開いたときに表示されない場合があります。 例として以下のような警告メッセージが発行されます。
Information: A side length of 0.018inch (less than the Revit recommended 1/32inch minimum) for part with GUID: 519216dc-0000-1b7b-3133-363835333232, part classification: BEAM and part profile: 362T125-18. Part has still been exported but this might cause issues in Revit.
(情報:GUID:519216dc-0000-1b7b-3133-363835333232、部材分類:BEAM および 部材プロファイル:362T125-18の部材の場合、一辺の長さは0.018インチ(最小Revit推奨の1/32インチ未満)です。 パーツはまだエクスポートされていますが、これはRevitで問題を引き起こす可能性があります)
 
場合によっては、これが部材のエクスポートに失敗し、メッセージがログファイルに書き込まれることがあります。
 
Error: Failed to export the BREP solid geometry for part with GUID: 519216dc-0000-1b7b-3133-363835333232, part classification: BEAM and part profile: 362T125-18".
(エラー:GUID:519216dc-0000-1b7b-3133-363835333232、部材分類:BEAMおよび部材プロファイル:362T125-18 "の部材のBREPソリッドジオメトリをエクスポートできませんでした)
 
このような失敗した場合は、付属のTekla Structures GUIDを使用してTekla Structuresモデル内の部品を特定し、可能であれば、BREP品質を向上させるためにカットを調整することをお勧めします。 その後、モデルを再エクスポートできます。
Tekla Structuresモデルから部品ソリッドの取得に失敗
 
Tekla Structuresモデルデータベースには、レンダリングに失敗し、エクスポート用のソリッドの作成に失敗する可能性がある部材が含まれている可能性があります。 ログファイルではこれらを次のように報告します。
 
Error: Unable to obtain part with GUID: 555c4fb2-0001-e7ac-3134-333231313330 for processing, please check the model.
(エラー:GUID:555c4fb2-0001-e7ac-3134-333231313330の部材を入手できません。モデルを確認してください)
これらの部材がソリッドを作成できない理由はいくつかあります。通常、これらはメイン部材に誤って配置されたマクロまたは継手によって作成された適切でない処理による可能性があります。 これらの問題を解決するために、提供されているGUIDを使用してモデルを調査することをお勧めします。
 

Quick feedback

The feedback you give here is not visible to other users. We use your comments to improve our content.
We use this to prevent automated spam submissions.
コンテンツの評価: 
まだ投票はありません