こんにちは

ログインすると、より多くのコンテンツを表示できることをご存知ですか?

展開単品図

最終更新 May 16, 2018 by Tekla User Assistance tekla.documentation@trimble.com

ソフトウェアのバージョン: 
20.1
環境: 
Not environment-specific

展開単品図

目次

目的と詳細
展開単品図の使用
展開単品図の設定
追加情報

目的と詳細

展開単品図からのサンプル出力
展開単品図は、ユーザーが折形状と展開形状の両方を含む折部材の単品図を作成する際に役立つシンプルなアプリケーションです。 折れ部材ごとに、折れ図面と展開図面の2つの単品図が作成されます。 2つ目の図面のビューは、最初の図面にコピーまたはリンクされます。

展開単品図の使用

アプリケーションを使用するには、次のようにします。

  1. [マクロ]ダイアログまたはツールバー(作成済みの場合)からアプリケーションを起動します。
  2. 標準設定を使用するか、保存済みの設定を読み込むか、または図面の作成に使用するプロパティを設定します。
    1. 展開図面の図面プロパティを選択し、図面のシート番号を割り当てます。
    2. 展開図面の図面プロパティを選択し、別のシート番号を割り当てます。
    3. 図面ビューをリンクするかコピーするかを選択します。ビューをコピーする場合は、必要に応じて展開図面を削除します。
    4. 選択した部材の図面を作成するか、すべてのフィルター部材の図面を作成するかを選択します。 すべてのフィルター部材の図面を作成する場合は、選択フィルターを選択します。
  3. 選択した部材の図面を作成する場合は、部材を選択します。
  4. [図面の作成]をクリックして、図面の作成を開始します。
    1. 図面の作成の進捗状況が進捗バーに表示されます。
    2. 図面の作成中は画面がアクティブになり、作成処理の実行中にいくつかのダイアログが開かれ閉じられます。 図面の作成が完了するまで、操作は一切行わないようにしてください。
    3. 図面の作成が完了すると、ステータスバーに通知が表示されます。

ナンバリング

図面の作成を開始する前に、すべての選択部材のナンバリングが最新の状態であることを確認するためのチェックが行われます。

図面の作成

選択した部材に通常の梁またはポリゴンプレートが含まれている場合でも、折れ梁の図面だけが作成されます。
部材に指定したシート番号の図面が既に存在する場合、その図面が上書きされることはありませんが、ビューのリンクまたはコピーは実行されません。

展開図の設定

[展開図の設定]ダイアログ

プロパティ 説明
[図面プロパティ](折) 折形状図面を作成する際に使用する単品図プロパティ。
[シート番号](折) 折形状図面に割り当てるシート番号。
[図面プロパティ](展開) 折形状図面を作成する際に使用する単品図プロパティ。
[シート番号](展開) 展開形状図面に割り当てるシート番号。
[図面ビューのリンク] 折図面にコピーするときに、展開図面のビューをリンクする場合に選択します。
[図面ビューのコピー] 展開図面から折図面にビューだけをコピーする場合に選択します。
[図面のコピーと削除] ビューをコピーした後に展開図面を削除する場合は、このチェックボックスをオンにします。 [図面ビューのリンク]を選択した場合、このオプションは選択できません。
[選択部材] 現在選択されている部材の図面だけを作成する場合に選択します。
[すべてのフィルター部材] 選択フィルターに基づいて、モデル内のすべての部材の図面を作成する場合に選択します。 選択フィルターのドロップダウンリストから、使用する選択フィルターを選択します。

Tekla Structuresの他のダイアログと同様に、ダイアログの上部にある保存ボタンと読み込みボタンを使用して、折部材図ツールのプロパティの保存と読み込みを実行できます。 各プロパティは、"FoldedPartDrawings.Attributes.xml"というファイル拡張子が付けられて保存されます。 プロパティファイルは、システムフォルダ、XS_FIRMフォルダ、XS_PROJECTフォルダ、またはモデル属性フォルダに配置できます。

追加情報

ビューの縮尺

ビューを展開図面から折図面にコピーまたはリンクした後に、[図面ビューの再配置]コマンドを使用して図面内でビューを再配置できます。 オートスケールを使用すると、折形状図面内の元のビューが変更され、折ビューと展開ビューの縮尺が変わる場合があります。 すべてのビューで一貫性のある縮尺を維持するには、折図面と展開図面の設定で固定縮尺を使用します。

このページは、古いバージョンの Tekla Structures

用に書かれたものです。

このページの更新は停止され、ドキュメントに関するコメントとフィードバックは閉じられています。

コンテンツの評価: 
まだ投票はありません