こんにちは

ログインすると、より多くのコンテンツを表示できることをご存知ですか?

作業平面マネージャ

最終更新 May 16, 2018 by Steel Extensions tekla.extensions-steel@trimble.com

ソフトウェアのバージョン: 
19.1
環境: 
Not environment-specific

作業平面マネージャ

目次

 

目的と詳細
システム要件
作業平面マネージャのインストール
作業平面マネージャの使用
アプリケーションのボタン
追加情報
 

目的と詳細

作業平面マネージャコンポーネントを使用すると、モデルの作業平面を定義および管理することができます。

システム要件

Tekla Structuresのバージョン:19.1
.NET Frameworkのバージョン:4.0
環境: すべて

作業平面マネージャのインストール

この拡張機能をインストールするには、次のようにします。

  1. Teklaエクストラネットから、作業平面マネージャファイルパッケージをダウンロードします。
  2. ファイルパッケージを展開します。

作業平面マネージャの使用

アプリケーションを使用するには、次のようにします。

  1. Teklaモデルを開きます。
  2. [作業平面マネージャ]ツールバーが表示されない場合、以下の手順に従います。
    1. [ツール] > [ユーザー設定]をクリックして、[ユーザー設定]ダイアログボックスを開きます。
    2. [Work Plane Manager]ツールバーを選択して、[表示]チェックボックスにチェックマークを付けます。
  3. [作業平面マネージャ]ボタン()をクリックします。
  4. [作業平面マネージャ]ダイアログウィンドウが開きます。

  1. 作業平面を作成するには、[ビュー] > [作業平面の設定]をクリックし、作業平面を作成するオプションを選択します。

  1. 作業平面を作成する部材(梁、柱など)をクリックするか、定義点をピックします。
  2. 作業平面の名前を[名前]フィールドに入力します。(たとえば、"Work Plane")
  3. 作業平面の説明を[説明]フィールドに入力します。(たとえば、"global")
  4. [上書き保存]ボタンをクリックして、新しい作業平面を保存します。
  5. 作成された作業平面が[作業平面リスト]フィールドに表示されます。

アプリケーションのボタン

  1. [上書き保存]ボタン

    このボタンを使用して、作成された作業平面を保存します。

    • 与えられた名前がすでに存在する場合、「作業平面"Work plane"はすでに存在します。上書きしますか?」という警告メッセージが表示されます。

注記[名前]および[説明]フィールドが空白のとき、このボタンは無効になります。

  1. [設定]ボタン

[作業平面リスト]で作業平面が選択されているとき、このボタンを使用して、定義済みの作業平面を表示します。

注記:行が選択されていないとき、このボタンは無効になります。

  1. [削除]ボタン

既存の作業平面を削除します。

注記:行が選択されていないとき、このボタンは無効になります。

追加情報

  • Tekla Structuresが開かれていない場合、「Tekla Structuresおよびモデルを開いてください。」というメッセージが表示されます。

このページは、古いバージョンの Tekla Structures

用に書かれたものです。

このページの更新は停止され、ドキュメントに関するコメントとフィードバックは閉じられています。

コンテンツの評価: 
まだ投票はありません