こんにちは

ログインすると、より多くのコンテンツを表示できることをご存知ですか?

溶接パス図面ツール

最終更新 May 16, 2018 by Steel Extensions tekla.extensions-steel@trimble.com

ソフトウェアのバージョン: 
19.1
環境: 
Not environment-specific

溶接パス図面ツール

目次

 

目的と詳細
システム要件
溶接パス図面ツールのインストール
溶接パス図面ツールの使用
アプリケーションのプロパティ
アプリケーションのボタン
追加情報
 

目的と詳細

[溶接パス図面ツール]コンポーネントを使用すると、Tekla図面に溶接のパスと種類を記号状の線を使用して示すことができます。

システム要件

Tekla Structuresのバージョン:19.1
.NET Frameworkのバージョン:4.0
環境: すべて

溶接パス図面ツールのインストール

この拡張機能をインストールするには、次のようにします。

  1. Teklaエクストラネットから、溶接パス図面ツールファイルパッケージをダウンロードします。
  2. ファイルパッケージを展開します。

溶接パス図面の使用

アプリケーションを使用するには、次のようにします。

  1. 製品図のあるTeklaモデルを開きます。

  1. [溶接パス図面ツール]ツールバーが表示されない場合、以下の手順に従います。
    1. [ツール] > [ユーザー設定]をクリックして、[ユーザー設定]ダイアログボックスを開きます。
    2. [Weld Path Drawing]ツールバーを選択して、[表示]チェックボックスにチェックマークを付けます。
  2. [溶接パス図面ツール]ボタン()をクリックします。
  3. [溶接パス図面ツール]ダイアログウィンドウが開きます。必要な変更を行います。

  1. [作成]ボタンをクリックします。(アプリケーションウィンドウが待機状態になり、ダイアログに、プレビュー作成の進捗を示す進捗バーが表示されます。)

[閉じる]ボタンが、溶接パス記号の作成をキャンセルするための[キャンセル]ボタンに切り替わります。

  1. [溶接パスの作成対象]リストから[部材]オプションを選択した場合、次の手順に従う必要があります。
    1. 最初の部材をピックします。

  1. 2つ目の部材をピックします。

  1. 選択された部材間に溶接パスが作成されます。

  1. [溶接パスの作成対象]リストから[ビュー]オプションを選択した場合、次の手順に従う必要があります。
    1. ビューをピックします。

  1. 選択した図面ビューの溶接パスが作成されます。

  1. [溶接パスの作成対象]リストから[図面]オプションを選択した場合、アプリケーションにより、図面全体の溶接パスが作成されます。

  1. [溶接パスの作成対象]リストから[図面リスト]オプションを選択した場合、アプリケーションにより、図面全体の溶接パスが作成されます。

  1. 溶接パス記号を削除するには、[削除]ボタンをクリックします。(アプリケーションウィンドウが待機状態になり、ダイアログに、プレビュー作成の進捗を示す進捗バーが表示されます。)このボタンは、開いた図面、または図面リストで選択された図面に対して使用することができます。

アプリケーションのプロパティ

  1. [溶接パスの作成]

    フィールド 説明 デフォルト
    [溶接パスの作成対象] 以下のどのオプションについて溶接パスを作成するかを指定します。
    次のオプションがあります。
    • [部材] - このオプションは、図面でのみ使用できます。
    • [ビュー] - このオプションは、図面でのみ使用できます。
    • [図面] - このオプションは、図面でのみ使用できます。
    • [図面リスト] - このオプションは、モデルでも使用できます。
    [部材]
  1. [溶接パス線オプション]

    フィールド 説明 デフォルト
    [間隔オプション] 間隔オプションを指定します(適用された変更が目に見えるようにします。最初と2番目のブロック要素により位置が変化します)。
    次のオプションがあります。
    • [標準]
    • [左] - 要素を左に整列させます。
    • [右] - 要素を右に整列させます。
    • [中心配置] - 要素を中心に配置します。
    • [均等間隔] - 要素の間隔を均等にします。
    • [範囲指定(縦横比固定)] – 開始要素と終了要素の間に、最小限の歪みで、多数のブロックを入れます。
    [中心配置]
    [サイズ] 要素のサイズを指定します。 1
  2. [溶接記号]

    1. 溶接パスの対象

      フィールド 説明
      溶接パスの対象 溶接パスを描画する方法を指定します。
      次のオプションがあります。
      • [シーム]
      • [シームTまたはオーバーラップ]
    1. 溶接パスの対象

      フィールド 説明
      [表示側] 表示側にある溶接記号を表す方法を指定します。
      [非表示側] 非表示側にある溶接記号を表す方法を指定します。

アプリケーションのボタン

プロパティ 説明
表示/非表示 [溶接記号]オプションを表示または非表示にします。
[作成] 溶接パス記号を作成します。
[削除] 作成した溶接パス記号を削除します。
[閉じる]->[キャンセル] [閉じる] - アプリケーションを閉じます。
[キャンセル] - 溶接パスの作成をキャンセルします。

追加情報

  • [溶接パスの作成対象]フィールドの[部材][ビュー]、または[図面]オプションを使用して、モデルに溶接パスを作成しようとすると、「図面を開いてください。」というメッセージが表示されます。
  • [溶接パスの作成対象]フィールドの[図面リスト]オプションを使用して、モデルに溶接パスを作成しようとしたときに、TS図面リストが開かれていないと、「図面が図面リストから選択されていません。」というメッセージが表示されます。

このページは、古いバージョンの Tekla Structures

用に書かれたものです。

このページの更新は停止され、ドキュメントに関するコメントとフィードバックは閉じられています。

コンテンツの評価: 
まだ投票はありません