こんにちは

ログインすると、より多くのコンテンツを表示できることをご存知ですか?

スケッチシート

最終更新 May 16, 2018 by Steel Extensions tekla.extensions-steel@trimble.com

ソフトウェアのバージョン: 
19.1
環境: 
Not environment-specific

スケッチシート

目次

 

目的と詳細
システム要件
スケッチシートのインストール
スケッチシートの使用
アプリケーションのプロパティ
 

目的と詳細

スケッチシートコンポーネントを使用すると、製作確認レポート用に図面のすべてのデータ(すべてのマークおよびその値)を収集することができます。

システム要件

Tekla Structuresのバージョン:19.1
.NET Frameworkのバージョン:4.0
環境: すべて

スケッチシートのインストール

この拡張機能をインストールするには、次のようにします。

  1. Teklaエクストラネットから、スケッチシートファイルパッケージをダウンロードします。
  2. ファイルパッケージを展開します。

スケッチシートの使用

アプリケーションを使用するには、次のようにします。

  1. Tekla Structuresで、(単品図または製品図を含む)モデルを作成します。
  2. [スケッチシート]ツールバーが表示されない場合、以下の手順に従います。
    1. [ツール] > [ユーザー設定]をクリックして、[ユーザー設定]ダイアログボックスを開きます。
    2. [Sketch Sheet]ツールバーを選択して、[表示]チェックボックスにチェックマークを付けます。
  3. [スケッチシート]ボタン()をクリックします。
  4. [スケッチシート]ダイアログウィンドウが開きます。

  1. 既存の図面を開きます。
  2. 寸法をダブルクリックし、表示されたダイアログウィンドウで、[マーク]タブ -> [頭マーク]フィールドに移動し("A"などの必要なテキストまたは文字に変更します)、[ナンバリングの表示]の値を[非表示]に変更します。[変更]をクリックしてから[OK]をクリックし、変更内容を適用します。ほかの寸法がある場合は、それらに対しても同様に操作します。図面は、次の図のようになります。

ほかの図面に対して同じ操作を実行します。(使用するテキスト/文字は、同じものでも異なるものでもかまいません。)

  1. Tekla図面リストから、変更した図面を選択します。

  1. [作成]ボタンをクリックします。
  2. ダイアログに、作成の進捗を示す進捗バーが表示されます。

  1. 必要に応じて、[キャンセル]ボタンをクリックして、作成をキャンセルできます。
  2. 作成が完了すると、アプリケーションウィンドウに各図面の寸法が表示されます。

  1. 変更された値を含むレポートを作成する場合、次に示す、図面行および部材/製品行の具体的な構文を使用する必要があります。
    • USERDEFINED.SD_A(図面行用)
    • DRAWING.USERDEFINED.SD_A(部材/製品行用)

注記:構文のSD_の後に、選択した頭マーク(A、B、C)を追加します。

  1. 複製を使用すると、マークを付けた寸法を、ある部材から多数の類似の部材に簡単に"コピー"することができます。寸法が適切に複製されたことを確認する必要があります。
  2. このツールには、既知の制限がいくつかあります。次に例を示します。
    • "グループ化された"寸法(たとえば、"3*60")は使用できません。
    • スケッチシート図面に0以外のシート番号がある場合、"DRAWING.USERDEFINED.XXX"を使用して、部材または製品から寸法の値をレポートに記載することはできません。このテンプレートフィールドからは、"メイン"の図面(シート=0)のみにアクセスすることができます。
    • 図面が変更された場合は、ツールを再度実行する必要があります。
    • 図面を更新しても、スケッチシートの値は自動的には更新されません。モデルや図面が変更された場合は、ツールを再度実行する必要があります。

アプリケーションのプロパティ

プロパティ 説明
[作成] すべての図面のマークおよび値を含むテーブルを作成します。
[値のクリア] 図面のユーザー定義情報に保存されている寸法値をクリアします。
[キャンセル] すべての図面のマークおよび値を含むテーブルの作成をキャンセルします。
このボタンは、作成中のみアクティブになります。
[閉じる] プログラムを終了します。

このページは、古いバージョンの Tekla Structures

用に書かれたものです。

このページの更新は停止され、ドキュメントに関するコメントとフィードバックは閉じられています。

コンテンツの評価: 
まだ投票はありません