こんにちは

ログインすると、より多くのコンテンツを表示できることをご存知ですか?

パターンラインエディタ

最終更新 May 16, 2018 by Steel Extensions tekla.extensions-steel@trimble.com

ソフトウェアのバージョン: 
19.1
環境: 
Not environment-specific

パターンラインエディタ

目次

 

目的と詳細
システム要件
パターンラインエディタのインストール
パターンラインエディタの使用
アプリケーションのプロパティ
アプリケーションのボタン
追加情報
 

目的と詳細

さまざまな状況で[パターンラインエディタ]コンポーネントを使用して、カットライン、基礎、溶接パス、電気配線などを表示することができます。
パタンラインは、さまざまな状況で必要です。パターンラインは、一次元的な線タイプの繰り返しよりも高度な線です。平行線図形のように単純なものや、繰り返しの組み合わせ、線分、シンボルを使用することができます。
パターンラインエディタは、パターンラインの作成や編集に使用します。

システム要件

Tekla Structuresのバージョン:19.1
.NET Frameworkのバージョン:4.0
環境: すべて

パターンラインエディタのインストール

この拡張機能をインストールするには、次のようにします。

  1. Teklaエクストラネットから、パターンラインエディタファイルパッケージをダウンロードします。
  2. ファイルパッケージを展開します。

パターンラインエディタの使用

アプリケーションを使用するには、次のようにします。

  1. Teklaモデルを開きます。
  2. [パターンラインエディタ]ツールバーが表示されない場合、以下の手順に従います。
    1. [ツール] > [ユーザー設定]をクリックして、[ユーザー設定]ダイアログボックスを開きます。
    2. [パターンラインエディタ]ツールバーを選択して、[表示]チェックボックスにチェックマークを付けます。
  3. [パターンラインエディタ]ボタン()をクリックします。
  4. [パターンラインエディタ]ダイアログウィンドウが開きます。

エディタが表示されます。事前にパターンラインが定義されていない場合は、すべてのフィールドとコンテナは空になります。
注記:定義済みのパターンラインがある場合、[名前]フィールドの横にあるコンボボックスにすべて表示されます。

アプリケーションのプロパティ

  1. [パターンラインインターフェイス]

    フィールド 説明
    [ファイル] シンボルファイルを指定します。
    オプションは環境により異なります。
    [ピクチャー] パターンラインに適用するピクチャーを指定します。[ブラウズ]ボタンをクリックして、必要なピクチャーを探します。
    デフォルトのピクチャー:
    [名前] パターンファイルの名前を指定します。
    名前を入力しない場合、プログラムにより、"New Elements x"(xはあらかじめ定義されたパターンライン数)という名前がラインに自動的に与えられます。
    パターンラインコンボボックス:パターンラインが事前に定義されている場合、定義済みのパターンラインを選択します。
    [新規] 新規パターンファイルを作成するために、新規インスタンスを定義します。
    [上書き保存] ユーザーが指定した名前を使用して、パターンラインのすべてのプロパティを保存します。
    [削除] パターンラインコンボボックスから、選択した(保存済みの)パターンラインを削除します。
    要素選択ピクチャー どの要素が現在有効であるかを示します。
    • [開始および終了要素]タブを選択した場合


    • [繰り返しおよび連続要素]タブを選択した場合


    • いずれかの[開始要素]を選択した場合


    • いずれかの[終了要素]を選択した場合


    • いずれかの[繰り返し要素]を選択した場合


    • いずれかの[連続要素]を選択した場合

    [プレビューの表示] 作成されたパターンラインがリアルタイムで表示されます。
    Tekla図面がすでに開かれている場合、続行する前にこの図面を保存して閉じるかどうかを確認されます。
    ユーザーがこれを許可すると、図面が保存されて閉じられ、プログラムによって新規Tekla図面が、"プレビュー図面 – パターンラインエディタ、縮尺1:1"という名前で開かれます。
    図面には、5つのゾーンが表示されます。それぞれ、パターンラインプラグインの間隔オプション([左]、[右]、[中心配置]、[均等間隔]、および[範囲指定(縦横比固定)])に対応します。
    このゾーンごとにプレビュー線が作成されます。このとき、あらかじめ作成された(保存済みパターンラインコンボボックスから選択された)パターンライン、または間隔オプションに対応する新規に作成されたパターンラインをすべてリアルタイムで確認できます。
    プレビュー図面を閉じるには、[プレビューの表示]チェックボックスをオフにします。
    図面が保存されずに閉じられ、最後に保存して閉じたTekla図面が再度開かれます(プレビュー図面を開く前に、図面が開かれていた場合のみ)。
    [更新] このボタンを使用すると、作成したパターンラインが更新されます。
    次のオプションを使用して、更新の実行方法を選択します。
    • [自動]
    • [手動] - [手動]オプションを選択した場合のみ、このボタンがアクティブになります。
    [ヘルプ] ヘルプファイルを開きます。
    [終了] このボタンを使用して、プログラムを終了して閉じます。
  2. [開始および終了要素]

    1. [開始要素]

    フィールド 説明
    [新規] 新規の開始/終了要素を定義します。
    [削除] 選択された開始/終了要素を削除します。
    [削除]ボタンをクリックすると、「選択された要素が削除されます。」というメッセージが表示されます。
    [すべて削除] すべての開始要素を削除します。
    [すべて削除]ボタンをクリックすると、「すべての要素が削除されます。」というメッセージが表示されます。
    [上] 選択された要素を1行上に移動します。
    [下] 選択された要素を1行下に移動します。

    [新規]ボタンをクリックすると、[開始および終了要素]テーブルレイアウトパネルに、[要素タイプ]のオプションが表示されます。
    追加する各要素の右側に、表示/非表示ボタンが表示されます。このボタンで、すべての要素オプションまたは1行のみを表示することができます。

    フィールド 説明 デフォルト
    [線タイプ] 線のタイプを指定します。
    次のオプションがあります。
    • [未定義の線]
    • [実線]
    • [破線]
    • [斜線付きの線]
    • [1点鎖線]
    • [点線]
    • [2点鎖線]
    • [斜線付き破線]

    このフィールドは、[要素タイプ]リストで[線]を選択した場合のみ表示されます。

    [実線]
    [間隔] 要素に割り当てられる間隔を指定します。 10 mm
    [間隔タイプ] 要素に割り当てられる間隔のタイプを指定します。
    次のオプションがあります。
    • [固定] - 大きな間隔がそのまま残っていても、要素の[サイズ]および[間隔]のオプションは変更されません。
    • [可変] - 要素の[サイズ]および[間隔]のオプションが変更され、ゼロに縮小される場合や拡大される場合もあります(小さな変更)。
    • [無限] – このオプションは、Tekla Structuresの今後のバージョンで使用できるようになります。
    [固定]
    [サイズ] 要素のサイズを指定します。
    このフィールドは、[要素タイプ]リストで[間隔]を選択した場合は、表示されません。
    10 mm
    [色] 要素の色を指定します。
    このフィールドは、[要素タイプ]リストで[間隔]を選択した場合は、表示されません。
     
    [垂直オフセット] 要素の垂直オフセットを指定します。
    このフィールドは、[要素タイプ]リストで[間隔]を選択した場合は、表示されません。
     
    [水平オフセット] 要素の水平オフセットを指定します。
    このフィールドは、[要素タイプ]リストで[間隔]を選択した場合は、表示されません。
    0 mm
    [ファイル] 使用するシンボルファイルを指定します。
    このフィールドは、[要素タイプ]リストで[間隔]を選択した場合は、表示されません。
    [xsteel]
    [インデックス] ここで、シンボル番号を選択できます。シンボルファイルリストのすべてのオプションには、番号に対応する異なるタイプのシンボルが含まれています。
    このフィールドは、[要素タイプ]リストで[間隔]を選択した場合は、表示されません。
    0
    [回転] シンボルの回転を指定します。
    このフィールドは、[要素タイプ]リストで[間隔]を選択した場合は、表示されません。
    0
  1. [終了要素]

    このオプションは、[開始および終了要素]テーブルレイアウトパネルの場合と同じです。

  1. [繰り返しおよび連続要素]

    1. [繰り返し要素]

      フィールド 説明
      [新規] 新規の繰り返し要素を定義します。
      [削除] 選択された繰り返し要素を削除します。
      [削除]ボタンをクリックすると、「選択された要素が削除されます。」というメッセージが表示されます。
      [すべて削除] すべての繰り返し要素を削除します。
      [すべて削除]ボタンをクリックすると、「すべての要素が削除されます。」というメッセージが表示されます。
      [上] 選択された要素を1行上に移動します。
      [下] 選択された要素を1行下に移動します。

    [新規]ボタンをクリックすると、[繰り返しおよび連続要素]テーブルレイアウトパネルに、[要素タイプ]のオプションが表示されます。
    追加する各要素の右側に、表示/非表示ボタンが表示されます。このボタンで、すべての要素オプションまたは1行のみを表示することができます。

    フィールド 説明 デフォルト
    [線タイプ] 線のタイプを指定します。
    次のオプションがあります。
    • [未定義の線]
    • [実線]
    • [破線]
    • [斜線付きの線]
    • [1点鎖線]
    • [点線]
    • [2点鎖線]
    • [斜線付き破線]

    このフィールドは、[要素タイプ]リストで[線]を選択した場合のみ表示されます。

    [実線]
    [間隔] 要素に割り当てられる間隔を指定します。 10 mm
    [間隔タイプ] 要素に割り当てられる間隔のタイプを指定します。
    次のオプションがあります。
    • [固定] - 大きな間隔がそのまま残っていても、要素の[サイズ]および[間隔]のオプションは変更されません。
    • [可変] - 要素の[サイズ]および[間隔]のオプションが変更され、ゼロに縮小される場合や拡大される場合もあります(小さな変更)。
    • [無限] – このオプションは、Tekla Structuresの今後のバージョンで使用できるようになります。
    [固定]
    [サイズ] 要素のサイズを指定します。
    このフィールドは、[要素タイプ]リストで[間隔]を選択した場合は、表示されません。
    10 mm
    [色] 要素の色を指定します。
    このフィールドは、[要素タイプ]リストで[間隔]を選択した場合は、表示されません。
     
      要素の色を指定します。
    • [パタンラインエディタ][パタンラインプラグイン]の両方において、[色]リストで[標準]を選択した場合、すべての要素が黒で表示されます。
    • [パタンラインエディタ][色]リストで[標準]を選択し、[パタンラインプラグイン]でほかの色(たとえば、赤)を選択した場合、要素は[パタンラインプラグイン]で選択した色(赤)で表示されます。
    • [パタンラインエディタ][色]リストでほかの色(たとえば、青)を選択した場合、[パタンラインプラグイン]で選んだ色に関係なく、要素は[パタンラインエディタ]で選択した色(青)で表示されます。

      このフィールドは、[要素タイプ]リストで[間隔]を選択した場合は、表示されません。

       
      [垂直オフセット] 要素の垂直オフセットを指定します。
      このフィールドは、[要素タイプ]リストで[間隔]を選択した場合は、表示されません。
       
      [水平オフセット] 要素の水平オフセットを指定します。
      このフィールドは、[要素タイプ]リストで[間隔]を選択した場合は、表示されません。
      0 mm
      [ファイル] 使用するシンボルファイルを指定します。
      このフィールドは、[要素タイプ]リストで[間隔]を選択した場合は、表示されません。
      [xsteel]
      [インデックス] ここで、シンボル番号を選択できます。シンボルファイルリストのすべてのオプションには、番号に対応する異なるタイプのシンボルが含まれています。
      このフィールドは、[要素タイプ]リストで[間隔]を選択した場合は、表示されません。
      0
      [回転] シンボルの回転を指定します。
      このフィールドは、[要素タイプ]リストで[間隔]を選択した場合は、表示されません。
      0
    1. [連続要素]

      フィールド 説明 デフォルト
      [線タイプ] 線のタイプを指定します。
      次のオプションがあります。
      • [未定義の線]
      • [実線]
      • [破線]
      • [斜線付きの線]
      • [1点鎖線]
      • [点線]
      • [2点鎖線]
      • [斜線付き破線]
      [実線]
      [垂直オフセット] 連続要素の垂直オフセットを指定します。 0 mm
      [水平オフセット] 連続要素の水平オフセットを指定します。 0 mm
      [色] 要素の色を指定します。
      • [パターンラインエディタ][パターンラインプラグイン]の両方において、[色]リストで[標準]を選択した場合、すべての要素が黒で表示されます。
      • [パターンラインエディタ][色]リストで[標準]を選択し、[パターンラインプラグイン]でほかの色(たとえば、赤)を選択した場合、要素は[パターンラインプラグイン]で選択した色(赤)で表示されます。
      • [パターンラインエディタ][色]リストでほかの色(たとえば、青)を選択した場合、[パターンラインプラグイン]で選んだ色に関係なく、要素は[パターンラインエディタ]で選択した色(青)で表示されます。
       

    追加情報

    [間隔タイプ]オプションの動作は、特定の状況に応じて異なります。
    状況1:
    パターンラインの長さと開始および終了要素の差が、パターンライン全体の長さより大きいか、少なくとも等しいときは次のようになります。

    • 一部の要素が[無限]に指定されている場合、これらの要素は固定されていると考えることができ、1つのブロックのみが開始および終了要素間に表示されます。
    • すべての要素が[固定]に指定されている場合、隙間が残っていても、パターンラインは変更されることなく表示されます。(この間隔は、[パターンラインプラグイン][間隔オプション]で調整することができます。)
    • [可変]と指定されている要素がある場合、このプログラムは、開始および終了要素間に、最小限の歪みで多数のブロックを入れようとします(最小限の歪みで可変要素を変更します)。

    状況2:
    パターンラインの長さと開始および終了要素の差が、パターンライン全体の長さより小さいときは次のようになります。

    • パターンライン全体の中で一部の要素が[可変]に指定されている場合、これらの要素は変更されます。それがうまく行かない場合、このプログラムは、[可変]に指定されている開始および終了要素を変更しようとします。
    • [可変]に指定されている要素(最初、最後、および全体)がない場合、パターンライン全体の縮尺が調整されます。

    このページは、古いバージョンの Tekla Structures

    用に書かれたものです。

    このページの更新は停止され、ドキュメントに関するコメントとフィードバックは閉じられています。

    コンテンツの評価: 
    まだ投票はありません