こんにちは

ログインすると、より多くのコンテンツを表示できることをご存知ですか?

パターンライン

最終更新 May 16, 2018 by Steel Extensions tekla.extensions-steel@trimble.com

ソフトウェアのバージョン: 
19.1
環境: 
Not environment-specific

パターンライン

目次

 

目的と詳細
システム要件
パターンラインのインストール
パターンラインの使用
アプリケーションのプロパティ
追加情報
 

目的と詳細

パターンラインコンポーネントを使用すると、Tekla図面にパターンラインを描画することができます。

システム要件

Tekla Structuresのバージョン:19.1
.NET Frameworkのバージョン:4.0
環境: すべて

パターンラインのインストール

この拡張機能をインストールするには、次のようにします。

  1. Teklaエクストラネットから、パタンラインインストールパッケージをダウンロードします。このプラグインは、溶接パス図面ツールインストーラおよびパタンラインエディタインストーラに含まれています。
  2. ファイルパッケージを展開します。

パタンラインの使用

アプリケーションを使用するには、次のようにします。

  1. Teklaモデルを開きます。
  2. [パターンラインエディタ]ツールバーが表示されない場合、以下の手順に従います。
    1. [ツール] > [ユーザー設定]をクリックして、[ユーザー設定]ダイアログボックスを開きます。
    2. [パターンラインエディタ]ツールバーを選択して、[表示]チェックボックスにチェックマークを付けます。
  3. [パターンライン]ボタン()をクリックします。
  4. [パターンライン]ダイアログウィンドウが開きます。

  1. 必要に応じて変更を加えます。
  2. [既定値に設定]ボタンをクリックして変更を保存します。
  3. アプリケーションを起動するには、作成したツールバーを1回クリックします。
  4. パターンラインを表示する点をピックします(これらの点を作成する必要はありません)。
  5. マウスの中ボタンをクリックしてパターンラインを作成します。

アプリケーションのプロパティ

  1. [設定]

    フィールド 説明 デフォルト
    [パターンライン] 定義済みのパターンラインを選択します。  
    [開始要素] 開始要素のタイプを指定します。
    次のオプションがあります。
    • [なし] - 開始要素が図面に表示されません。
    • [開始] - 開始要素が図面に表示されます。
    [なし]
    [終了要素] 終了要素のタイプを指定します。
    次のオプションがあります。
    • [なし] - 終了要素が図面に表示されません。
    • [開始] - 終了要素が図面に表示されます。
    [なし]
    [間隔オプション] 間隔オプションを指定します(適用された変更が目に見えるようにします。最初と2番目のブロック要素により位置が変化します)。
    次のオプションがあります。
    • [標準]
    • [左] - 要素を左に整列させます。


    • [右] - 要素を右に整列させます。


    • [中心配置] - 要素を中心に配置します。


    • [均等間隔] - 要素の間隔を均等にします。


    • [範囲指定(縦横比固定)] – 開始要素と終了要素の間に、最小限の歪みで、多数のブロックを入れます。

    [中心配置]
    [サイズ] 要素のサイズを指定します。 1
    [縮小/拡大] パタンラインを縮小/拡大する方法を指定します。
    次のオプションがあります。
    • [ビュー] - ラインおよび要素が、ビューに合わせて縮小されて描画されます。
    • [図面] - ラインおよび要素が、図面の縮尺に縮小されて描画されます。
    [ビュー]
    [色] 要素の色を指定します。 [標準]

追加情報

  • 図面縮尺が変更された場合、パターンラインは自動的に更新されません。

このページは、古いバージョンの Tekla Structures

用に書かれたものです。

このページの更新は停止され、ドキュメントに関するコメントとフィードバックは閉じられています。

コンテンツの評価: 
まだ投票はありません