こんにちは

ログインすると、より多くのコンテンツを表示できることをご存知ですか?

配列化ツール(平行)

最終更新 May 16, 2018 by Steel Extensions tekla.extensions-steel@trimble.com

ソフトウェアのバージョン: 
19.1
環境: 
Not environment-specific

配列化ツール(平行)

目次

 

目的と詳細
システム要件
配列化ツール(平行)の使用
 

目的と詳細

配列化ツールコンポーネントを使用すると、選択したオブジェクトを複数の方向に、指定された間隔でコピーすることができます。

システム要件

Tekla Structuresのバージョン:19.1
.NET Frameworkのバージョン:4.0
環境: すべて

平行配列ツールの使用

アプリケーションを使用するには、次のようにします。

  1. Teklaモデルを開きます。
  2. [コンポーネントカタログ]を開き、Linear Array Toolと入力します。
  3. [配列化ツール(平行)]ダイアログウィンドウが開きます。

フィールド 説明 デフォルト
[コピー方法] コピー方法を指定します。
次のオプションがあります。
  • [選択部材のみ] - 選択したオブジェクトのみをコピーします。
  • [すべての関連オブジェクト] – カット、溶接、ボルトなどのオブジェクトもコピーします。
  • [詳細設定] - 部材に関連付けられたすべての異なる子をコピーし、それらを新しいコピーに再度マッピングします。

関連オブジェクトのコピーを使用する場合、コピーされるオブジェクトに関連付けられているオブジェクトもコピーされます。
たとえば、部材に適用されるカットとフィッティングが部材と共にコピーされます。ただし、これらの関連オブジェクトは、配列ツールによって管理されません。これは、コピーされたオブジェクトまたは関連するオブジェクトを変更しても、元のコピーされた関連オブジェクトの更新がトリガーされないことを意味します。
たとえば、フィッティングを含む梁の配列が作成される場合、その梁のすべてのコピーにもフィッティングのコピーが含まれます。後で、フィッティングが移動または削除された場合、配列が更新されても、フィッティングの元のコピーは削除されません。フィッティングが移動されただけの場合、元のフィッティングのコピーのほかに、移動されたフィッティングの新しいコピーが作成されます。

[選択部材のみ]
[コピーの原点] コピー方法を指定します。
次のオプションがあります。
  • [オブジェクト] - 入力オブジェクトを基準としてコピーが実行されます。
  • [原点] - 入力原点を基準としてコピーが実行されます。
[オブジェクト]
Y軸に沿ったオフセットを指定します。 0 mm
Z軸に沿ったオフセットを指定します。 0 mm
コピー数を指定します。 0
コピー間の間隔を指定します。
コピーの間隔の値はスペースを使用して区切ります。コピー間の各間隔の値を入力します。
このオプションは、[均等間隔]  リストで選択した場合には使用できません。
0 mm
コピー方向を指定します。
次のオプションがあります。
  • [普通] - 原点から軸に沿って正方向に間隔が計算されます。
  • [逆] - 原点から軸に沿って負方向に間隔が計算されます。
  • [中心配置] - コピーは原点を中心に配置されます。
  • [ミラー] - 原点から正方向と負方向の両方に間隔が計算されます。ミラーコピーでは、コピー数が倍になります。
[普通]
間隔の指定方法を指定します。
次のオプションがあります。
  • [均等間隔] - X軸またはY軸の長さに基づいて、等間隔にコピーが作成されます。
  • [指定] – 指定された数と間隔に従って、コピーが作成されます。
[均等間隔]
  1.  必要な変更を行って、[既定値に設定]/[OK]ボタンをクリックします。

  1. Tekla Structuresで、部材/オブジェクトを作成します。
  2. コピーするオブジェクトを選択します。

  1. マウスの中ボタンをクリックします。
  2. 原点をピックします。

  1. 軸方向Xをピックします。

  1. 軸方向Yをピックします。

Y方向をピックした後、コピーが作成されます。

このページは、古いバージョンの Tekla Structures

用に書かれたものです。

このページの更新は停止され、ドキュメントに関するコメントとフィードバックは閉じられています。

コンテンツの評価: 
まだ投票はありません