こんにちは

ログインすると、より多くのコンテンツを表示できることをご存知ですか?

溶接マーク結合

最終更新 May 16, 2018 by Steel Extensions tekla.extensions-steel@trimble.com

ソフトウェアのバージョン: 
19.0
環境: 
Not environment-specific

溶接マーク結合

目次

 

目的と詳細
システム要件
溶接記号の結合ツールのインストール
溶接記号の結合ツールの使用
アプリケーションのプロパティとボタン
 

目的と詳細

同じプロパティを持つ図面の溶接を結合するには、溶接記号の結合ツールコンポーネントを使用します。

システム要件

Tekla Structuresのバージョン: 19.0
.NET Frameworkのバージョン: 4.0
環境: すべて

溶接記号の結合ツールのインストール

この拡張ツールをインストールするには、次のようにします。

  1. Teklaエクストラネットから、[溶接記号の結合ツール]ファイルパッケージをダウンロードします。
  2. ファイルパッケージを展開します。

溶接記号の結合ツールの使用

アプリケーションを使用するには、次のようにします。

  1. 既に図面が作成されているTekla Structuresモデルを開きます。
  2. [溶接記号の結合ツール]ツールバーが表示されない場合、以下の手順に従います。
    1. [ツール] > [ユーザー設定]をクリックして、[ユーザー設定]ダイアログボックスを開きます。
    2. [溶接記号の結合ツール]ツールバーを選択して、[表示]チェックボックスをオンにします。
  3. [溶接記号の結合ツール]ボタンをクリックします。
  4. [溶接記号の結合ツール]ダイアログボックスが開きます。

  1. 図面を開きます。

  1. [マークの結合]をクリックして変更を行います。

  1. ツールの完了後、 "溶接記号の結合が完了しました"というメッセージが表示されます。

アプリケーションのプロパティとボタン

フィールド 説明 デフォルト
オプション 溶接の結合方法を定義します。
オプションは次のとおりです。
  • [同一部材] – 部材IDを調べ、同じであれば溶接を結合します。
  • [距離] ‒ 特定の距離で同じプロパティを持つすべての溶接を結合します。
  • [同一部材のマーク] – 部材マーク(同一部材として)を調べますが、距離が離れすぎている部材の溶接を結合しないように検索距離も適用します。
同一部材
距離 溶接の検索距離を定義します。
[オプション]リストで[同一部材]を選択した場合、このフィールドはアクティブでありません。
0
メッセージテキスト ステータスバーにメッセージが表示されます。
  • ツールが実行されていない場合、表示されるメッセージは[オプション]リストで選択されたオプションと同じです。
  • ツールが実行されているときは、 "結合中..."というメッセージが表示されます。
  • ツールの完了後、ユーザーに対して "溶接マークの結合が完了しました"というメッセージが表示されます。
 
マークの結合 ツールを実行します。開いているTekla Structures図面で同じプロパティを持つ溶接を結合します。
ツールの実行中は、ボタンが無効になります。
 
閉じる アプリケーションを閉じます。  

このページは、古いバージョンの Tekla Structures

用に書かれたものです。

このページの更新は停止され、ドキュメントに関するコメントとフィードバックは閉じられています。

コンテンツの評価: 
まだ投票はありません