こんにちは

ログインすると、より多くのコンテンツを表示できることをご存知ですか?

リングプレート

最終更新 May 16, 2018 by Steel Extensions tekla.extensions-steel@trimble.com

ソフトウェアのバージョン: 
19.0
環境: 
Not environment-specific

リングプレート

目次

 

目的と詳細
システム要件
リングプレートのインストール
リングプレートの使用
部材の識別キー
ピクチャー
部材
角処理
 

目的と詳細

リングプレートを作成するには、[リングプレート]ジョイントを使用します。 丸、楕円、角型のリングプレートを 作成できます。 また、[リングプレート]では、柱とリングプレートの間に溶接が作成されます。

システム要件

Tekla Structuresのバージョン: 19.0
.NET Frameworkのバージョン: 4.0
環境:   すべて

リングプレートのインストール

この拡張機能をインストールするには、次のようにします。

  1. Teklaエクストラネットから、RingPlateファイルパッケージをダウンロードします。
  2. ファイルパッケージを展開します。

リングプレートの使用

この拡張機能を使用するには、次のようにします。

  1. 柱を作成します。
  2. メイン部材(入力部材)を選択します。
  3. リングプレートを作成する位置をピックします。

コンポーネントが自動的に作成されます。

状況 説明
鋼管柱に対して垂直の丸リングプレート。
鋼管柱に対して垂直の角型リングプレート。

部材の識別キー

番号 部材
1 リングプレート

ピクチャー

[リングプレート]ジョイントで作成された部材の寸法を制御するには、[ピクチャー]タブを使用します。 いずれかのフィールドの値が0 mmまたは負の値の場合、 プレートを作成できません。 プレート寸法(最小)を確認してください。というエラーメッセージが表示されます。

  1. リングプレートタイプ

    フィールド 説明 デフォルト
    [リングプレートタイプ] リングプレートのタイプを指定します。
    次のオプションがあります。
    • デフォルト
    • 楕円
    • 角型
  1. リングプレート測定タイプ

    フィールド 説明 デフォルト
    [リングプレート測定タイプ] リングプレートの測定タイプを指定します。
    次のオプションがあります。
    • デフォルト
    • プレート寸法
    • 絶対プレート寸法 – 入力プレート半径(プレートおよび楕円プレートの場合)またはプレート縁端距離(角型プレートの場合)から入力点2まで測定されます。
    プレート寸法
  1. 丸の場合

この場合、丸いリングプレートが作成されます。

  1. プレート寸法


    フィールド 説明 デフォルト
    リングプレートの最小幅。 200 mm
  1. 絶対プレート寸法


    フィールド 説明 デフォルト
    リングプレートの絶対幅。 最小幅 + 許容精度 + 部材の高さ/2
  1. 製品の作成

    フィールド 説明 デフォルト
    [製品の作成] 部材を製品に含める方法を指定します。
    次のオプションがあります。
    • デフォルト
    • はい - 1つの製品にすべての部材が含まれます。
    • いいえ - 製品は作成されません。 部材ごとに独自の製品があります。
    はい
  1. リングプレートの断面図方行


    フィールド 説明 デフォルト
    ピックした点からのリングプレートのオフセット。 0 mm
    外側入力部材からのリングプレートの許容精度。 0 mm
  1. リングプレートオフセットの寸法の測定

    オプション 説明
    デフォルト
    中 - リングプレートの中心線から
    下 - リングプレートの下端から
    上 - リングプレートの上端から
  1. 断面図方行

    オプション 説明
    デフォルト
    入力部材に沿って作成されたカット。
    プレートに対して垂直に作成されたカット。
  1. 2つの2分の1のリングプレートまたは4つの4分の1のリングプレートの作成

    オプション 説明
    デフォルト
    1つのリングプレート。
    2つの2分の1のリングプレート。
    4つの4分の1のリングプレート。
  1. 製品の作成

    フィールド 説明 デフォルト
    [製品の作成] 製品を作成するかどうかを指定します。
    次のオプションがあります。
    • デフォルト
    • はい
    • いいえ
    はい
  1. 楕円の場合

    この場合、楕円のリングプレートが作成されます。

    1.  プレート寸法


      フィールド 説明 デフォルト
      リングプレートの垂直方向の幅。 200 mm
      リングプレートの水平方向の幅。 200 mm
    2. 絶対プレート寸法


      フィールド 説明 デフォルト
      リングプレートの垂直方向の絶対幅。 垂直方向の幅 + 許容精度 + 部材の高さ/2
      リングプレートの水平方向の絶対幅。 水平方向の幅 + 許容精度 + 部材の高さ/2
  1. リングプレートのオフセットと断面図方行


    フィールド 説明 デフォルト
    ピックした点からのリングプレートのオフセット。 0 mm
    外側入力部材からのリングプレートの許容精度。 0 mm
  1. リングプレートオフセットの寸法の測定

    オプション 説明
    デフォルト
    中 - リングプレートの中心線から
    下 - リングプレートの下端から
    上 - リングプレートの上端から
  1. 断面図方行

    オプション 説明
    デフォルト
    入力部材に沿って作成されたカット。
    プレートに対して垂直に作成されたカット。
  1. 2つの2分の1のリングプレートまたは4つの4分の1のリングプレートの作成

    オプション 説明
    デフォルト
    1つのリングプレート。
    2つの2分の1のリングプレート。
    4つの4分の1のリングプレート。
  1. 製品の作成

    フィールド 説明 デフォルト
    [製品の作成] 製品を作成するかどうかを指定します。
    次のオプションがあります。
    • デフォルト
    • はい
    • いいえ
    はい
  1. 角型の場合

この場合、角型のリングプレートが作成されます。

  1. プレート寸法 - 角の切欠寸法


    フィールド 説明 デフォルト
    角の半径R1とピックした点の間の水平距離。
    [左上角タイプ]リストに[タイプ 2]を設定した場合、このオプションは使用できません。
    150 mm
    角の半径R2とピックした点の間の水平距離。
    [左上角タイプ]リストに[タイプ 2]を設定した場合、このオプションは使用できません。
    150 mm
    プレートの上側からプレートの中心までの垂直距離。 200 mm
    プレートの右側からプレートの中心までの水平距離。 200 mm
    角の半径R3とピックした点の間の垂直距離。
    [左上角タイプ]リストに[タイプ 2]を設定した場合、このオプションは使用できません。
    150 mm
    角の半径R4とピックした点の間の水平距離。
    [左上角タイプ]リストに[タイプ 2]を設定した場合、このオプションは使用できません。
    150 mm
    プレートの下側からプレートの中心までの垂直距離。 200 mm
    角の半径R5とピックした点の間の水平距離。
    [左上角タイプ]リストに[タイプ 2]を設定した場合、このオプションは使用できません。
    150 mm
    角の半径R6とピックした点の間の水平距離。
    [左上角タイプ]リストに[タイプ 2]を設定した場合、このオプションは使用できません。
    150 mm
    角の半径R7とピックした点の間の垂直距離。
    [左上角タイプ]リストに[タイプ 2]を設定した場合、このオプションは使用できません。
    150 mm
    プレートの左側からプレートの中心までの水平距離。 200 mm
    角の半径R8とピックした点の間の垂直距離。
    [左上角タイプ]リストに[タイプ 2]を設定した場合、このオプションは使用できません。
    150 mm
  1. 絶対プレート寸法 - 角の切欠寸法


    フィールド 説明 デフォルト
    角の半径R1とピックした点の間の水平距離。
    [左上角タイプ]リストに[タイプ 2]を設定した場合、このオプションは使用できません。
    150 mm
    角の半径R2とピックした点の間の水平距離。
    [左上角タイプ]リストに[タイプ 2]を設定した場合、このオプションは使用できません。
    150 mm
    プレートの上側からプレートの中心までの絶対垂直距離。 垂直方向の幅 + 許容精度 + 部材の高さ/2
    プレートの右側からプレートの中心までの絶対水平距離。 水平方向の幅 + 許容精度 + 部材の高さ/2
    角の半径R3とピックした点の間の垂直距離。
    [左上角タイプ]リストに[タイプ 2]を設定した場合、このオプションは使用できません。
    150 mm
    角の半径R4とピックした点の間の水平距離。
    [左上角タイプ]リストに[タイプ 2]を設定した場合、このオプションは使用できません。
    150 mm
    プレートの下側からプレートの中心までの絶対垂直距離。 垂直方向の幅 + 許容精度 + 部材の高さ/2
    角の半径R5とピックした点の間の水平距離。
    [左上角タイプ]リストに[タイプ 2]を設定した場合、このオプションは使用できません。
    150 mm
    角の半径R6とピックした点の間の水平距離。
    [左上角タイプ]リストに[タイプ 2]を設定した場合、このオプションは使用できません。
    150 mm
    角の半径R7とピックした点の間の垂直距離。
    [左上角タイプ]リストに[タイプ 2]を設定した場合、このオプションは使用できません。
    150 mm
    プレートの左側からプレートの中心までの絶対水平距離。 水平方向の幅 + 許容精度 + 部材の高さ/2
    角の半径R8とピックした点の間の垂直距離。
    [左上角タイプ]リストに[タイプ 2]を設定した場合、このオプションは使用できません。
    150 mm
  1. 左上角タイプ

    オプション 説明
    デフォルト
    タイプ1
    タイプ2
  1. 右上角タイプ

    オプション 説明
    デフォルト
    タイプ1
    タイプ2
  1. 右下角タイプ

    オプション 説明
    デフォルト
    タイプ1
    タイプ2
  1. 左下角タイプ

    オプション 説明
    デフォルト
    タイプ1
    タイプ2
  1. 断面方向

    オプション 説明
    デフォルト
    入力部材に沿って作成されたカット
    プレートに対して垂直に作成されたカット
  1. 2つの2分の1のリングプレートまたは4つの4分の1のリングプレートの作成

    オプション 説明
    デフォルト
    1つのリングプレート。
    2つの2分の1のリングプレート。
    4つの4分の1のリングプレート。
  1. 製品の作成

    フィールド 説明 デフォルト
    [製品の作成] 製品を作成するかどうかを指定します。
    次のオプションがあります。
    • デフォルト
    • はい
    • いいえ
    はい
  1. 角の切欠半径

    フィールド 説明 デフォルト
    [R1] 左上角のR1半径を定義します。 0 mm
    [R2] 右上角のR2半径を定義します。 0 mm
    [R3] 右上角のR3半径を定義します。 0 mm
    [R4] 右下角のR4半径を定義します。 0 mm
    [R5] 右下角のR5半径を定義します。
    [左上角タイプ]リストに[タイプ 2]を設定した場合、このオプションは使用できません。
    0 mm
    [R6] 左下角のR6半径を定義します。
    [左上角タイプ]リストに[タイプ 2]を設定した場合、このオプションは使用できません。
    0 mm
    [R7] 左下角のR7半径を定義します。
    [左上角タイプ]リストに[タイプ 2]を設定した場合、このオプションは使用できません。
    0 mm
    [R8] 左上角のR8半径を定義します。
    [左上角タイプ]リストに[タイプ 2]を設定した場合、このオプションは使用できません。
    0 mm

部材

[部材]タブを使用して、[リングプレート]ジョイントで作成された部材のプロパティを定義できます。

  1. 部材プロパティ

    フィールド 説明 デフォルト
    [マーク] 部材マークの頭マークと開始番号を定義します。 PP1
    [材質] 材質を定義します。 S275J2G4
    [名前] 図面およびレポートに表示される名前を定義します。 RING PLATE
  1. 部材寸法

    フィールド 説明 デフォルト
    [リングプレート] リングプレートの厚さを定義します。 厚さ= 10 mm

角処理

[角]タブを使用して、[リングプレート]ジョイントで作成された角処理のプロパティを定義できます。

  1. 角処理寸法

    注意: 丸の場合楕円の場合は、リングプレートの外周に角処理が均一に作成されます。 長方形の場合は、縁端ごとに角処理が個別に作成されます。

フィールド 説明 デフォルト
水平方向の角処理寸法。 0 mm
垂直方向の角処理寸法。 0 mm

このページは、古いバージョンの Tekla Structures

用に書かれたものです。

このページの更新は停止され、ドキュメントに関するコメントとフィードバックは閉じられています。

コンテンツの評価: 
まだ投票はありません