こんにちは

ログインすると、より多くのコンテンツを表示できることをご存知ですか?

Part Presentation Mark

最終更新 May 16, 2018 by Steel Extensions tekla.extensions-steel@trimble.com

ソフトウェアのバージョン: 
19.0
環境: 
Not environment-specific

Part Presentation Mark

目次

 

目的と詳細
システム要件
Part Presentation Markのインストール
Part Presentation Markの使用
アプリケーションのプロパティ
アプリケーションのボタン
追加情報
 

目的と詳細

図面内の部材の特殊な部材を作成するには、Part Presentation Markコンポーネントを使用します。

システム要件

Tekla Structuresのバージョン: 19.0
.NET Frameworkのバージョン: 4.0
環境: すべて

Part Presentation Markのインストール

この拡張ツールをインストールするには、次のようにします。

  1. Teklaエクストラネットから、[Part Presentation Mark]ファイルパッケージをダウンロードします。
  2. ファイルパッケージを展開します。

Part Presentation Markの使用

アプリケーションを使用するには、次のようにします。

  1. 図面のあるTekla Structuresモデルを開きます。
  2. Part Presentation Markのツールバーが表示されない場合、以下の手順に従います。
    1. [ツール] > [ユーザー設定]をクリックして、[ユーザー設定]ダイアログボックスを開きます。
    2. Part Presentation Markのツールバーを選択して、[表示]チェックボックスをオンにします。
  3. [Part Presentation Mark]ボタンをクリックします。
  4. [Part Presentation Mark]ダイアログボックスが開きます。

  1. [行の追加]ボタンをクリックし、[部品プロパティフィルター]に表示されたテーブルに新しい行を追加します。

  1. 必要に応じて変更を加えます。

  1. [作成]ボタンをクリックしてシンボルを作成します。 部材属性フィルターに適合する部材の場合、部材の中央にシンボルが作成されます。

アプリケーションのプロパティ

  1. 部材属性フィルター

    フィールド 説明 デフォルト
    ユーザー定義情報 ユーザー定義情報、全般属性を定義します。
    頭マークのユーザー定義情報を持たないすべての属性は、部材プロパティダイアログ(このダイアログでは、ビームのメイン特性を設定できます)の属性タブページから取得され、残りはユーザー定義情報カタログから取得されます。
    ユーザーは、カタログにリストされていないユーザー定義情報名を手動で入力できます。 ただし、これらはカタログに追加されませんが、[保存/読込]ボタンを使用して保存したり読み込んだりすることができます。
    オプションは以下のとおりです。
    • ASSEMBLY_DEFAULT_PREFIX
    • ASSEMBLY_START_NUMBER
    • CLASS_ATR
    • FINISH
    • MATERIAL
    • NAME
    • PART_PREFIX
    • PART_START_NUMBER
    • PROFILE
    • UDA.ACN_STATUS
    • UDA.AD_saved_prop
    • UDA.ASSIGNED_BY
    • UDA.ASSIGNED_TO
    • UDA.BOLT_COMMENT
    • UDA.BOLT_USERFIELD_1
    • UDA.BOLT_USERFIELD_2
    • UDA.BOLT_USERFIELD_3
    • UDA.BOLT_USERFIELD_4
    • UDA.BOLT_USERFIELD_5
    • UDA.BOLT_USERFIELD_6
    • UDA.BOLT_USERFIELD_7
    • UDA.BOLT_USERFIELD_8
    • UDA.cambering
    • UDA.CHECKED_BY
    • UDA.comment
    • UDA.CONN_CODE_END_1
    • UDA.CONN_CODE_END_2
    • UDA.CONTRACTOR_UDANAME
    • UDA.DR_APPROVED_BY
    • UDA.DR_ASSIGNED_BY
    • UDA.DR_ASSIGNED_TO
    • UDA.DRAWN_BY
    • UDA.DRAWING_USERFIELD_1
    • UDA.DRAWING_USERFIELD_2
    • UDA.DRAWING_USERFIELD_3
    • UDA.DRAWING_USERFIELD_4
    • UDA.DRAWING_USERFIELD_5
    • UDA.DRAWING_USERFIELD_6
    • UDA.DRAWING_USERFIELD_7
    • UDA.DRAWING_USERFIELD_8
    • UDA.EP_CODE
    • UDA.fabricator
    • UDA.IFC_BUILDING
    • UDA.IFC_BUILDING_STOREY
    • UDA.IFC_SITE
    • UDA.initial_GUILD
    • UDA.INSTALL_COMMENT
    • UDA.PRELIM_MARK
    • UDA.PRODUCT_CODE
    • UDA.PRODUCT_DESCR
    • UDA.PRODUCT_UNIT
    • UDA.PROJECT_COMMENT
    • UDA.PROJECT_USERFIELD_1
    • UDA.PROJECT_USERFIELD_2
    • UDA.PROJECT_USERFIELD_3
    • UDA.PROJECT_USERFIELD_4
    • UDA.PROJECT_USERFIELD_5
    • UDA.PROJECT_USERFIELD_6
    • UDA.PROJECT_USERFIELD_7
    • UDA.PROJECT_USERFIELD_8
    • DA.ref_description
    • UDA.info_string
    • UDA.logical_name
    • UDA.SENARIO_UDANAME
    • UDA.SHIPMENT_NUMBER
    • UDA.subref_description
    • UDA.subref_description_info_string
    • UDA.subref_description_logical_name
    • UDA.TASKTYPE_UDANAME
    • UDA.USER_FIELD_1
    • UDA.USER_FIELD_2
    • UDA.USER_FIELD_3
    • UDA.USER_FIELD_4
    • UDA.USER_PHASE
    • UDA.UT_storey
    • UDA.WELD_COMMENT
    • UDA.WELD_USERNAME_1
    • UDA.WELD_USERNAME_2
    • UDA.WELD_USERNAME_3
    • UDA.WELD_USERNAME_4
    • UDA.WELD_USERNAME_5
    • UDA.WELD_USERNAME_6
    • UDA.WELD_USERNAME_7
    • UDA.WELD_USERNAME_8
    UDA.comment Fit
    一致する値 ユーザー定義情報または全般属性で検索するフィールドを定義します。  
    シンボルファイル 使用するシンボルファイルを定義します。
    オプションは次のとおりです。
    • Arrows
    • Associativity_Anchor
    • aus_sections
    • basenotes1
    • basenotes2
    • bolts
    • COG
    • concrete
    • Constraint Symbol
    • details
    • DIAM
    • dimension_mark
    • Doors_opening
    • Drawing_symbol
    • engineering
    • gostsym
    • Grating
    • HDbolts
    • Landschaf
    • mesh
    • NORTH
    • Openings
    • point_sym
    • revision_symbols
    • rose_des_vents
    • sections
    • symed
    • TS_Welds
    • ud_bolts
    • ud_bolts_ita
    • unbonding
    • user_bolt_symbol
    • user_material_symbol
    • welds
    • xsteel
    • xs_macro_sym
    xsteel
    シンボルインデックス シンボルのインデックス番号を定義します(シンボルファイルから、指定されたインデックス番号を持つシンボルが選択されます)。 0
    シンボル属性 ここでは、カタログのプロパティファイルを選択できます。 standard
  1. 検索

    フィールド 説明 デフォルト
    検索 ツールを実行するオプションを定義します。
    次のオプションがあります。
    • [図面領域] - 図面全体に対してツールを実行します。
    • [選択したオブジェクト] - 選択したシンボルに対してツールを実行します。
    図面領域

アプリケーションのボタン

プロパティ 説明
作成 必要なすべての変更を行ってオブジェクトを選択した後、[作成]ボタンをクリックしてシンボルを作成します。
すべて削除 作成したシンボルをすべて削除します。
フィルターを使用して削除 フィルターしたシンボルのみ削除する場合に使用します([一致する値]フィールドに存在するシンボルと同じ属性を持つシンボル)。
キャンセル プログラムを終了します。

追加情報

  • また、シンボルをドラッグできます。

このページは、古いバージョンの Tekla Structures

用に書かれたものです。

このページの更新は停止され、ドキュメントに関するコメントとフィードバックは閉じられています。

コンテンツの評価: 
まだ投票はありません