こんにちは

ログインすると、より多くのコンテンツを表示できることをご存知ですか?

ボルト非塗装面ツール

最終更新 May 16, 2018 by Steel Extensions tekla.extensions-steel@trimble.com

ソフトウェアのバージョン: 
19.0
環境: 
Not environment-specific

ボルト非塗装面ツール

目次

 

目的と詳細
システム要件
ボルト非塗装面ツールの使用
仕上げ材属性を作成する別の方法
[一般]
[仕上げ材属性]
追加情報
 

目的と詳細

ボルト非塗装面ツールコンポーネントを使用すると、互いにボルト接合された部材間の"非塗装領域"を表す仕上げ材を作成できます。

システム要件

Tekla Structuresのバージョン:19.0
.NET Frameworkのバージョン:4.0
環境:すべて

非塗装領域の使用

アプリケーションを使用するには、次のようにします。

  1. 図面のあるTeklaモデルを開きます。
  2. [コンポーネントカタログ]を開き、非塗装領域と入力します。
  3. [No paint area]コンポーネントをダブルクリックすると、[非塗装領域]ダイアログボックスが開きます。

  1. [ボルトセット名の読み込み]をクリックします。すべてのボルトセット名が[ボルトセット名]ボックスに表示されます。各ボルトセット名の横に、ボルトセット名を選択するチェックボックスがあります。

  1. [仕上げ材属性]タブで、[…]オプションを選択し、必要な値を入力します。

  1. [OK]をクリックします。
  2. [コンポーネントカタログ]で、[非塗装領域]コンポーネントを選択します。
  3. モデル内のボルトグループを選択します。

非塗装領域の仕上げ材が作成されます。

  1. 梁の単品図を作成します。

仕上げ材属性を作成する別の方法

  1. [ディテール] > [プロパティ] > [仕上げ材]に移動し、次の変更を行います。

  1.  
  2. [OK]をクリックします。
  3. [仕上げ材属性]タブに移動し、先ほど保存した仕上げ材プロパティファイルを読み込みます。

  1.  
  2. [OK]をクリックします。変更を読み込むには、コンポーネントを再度開く必要があります。

[一般]

[一般]タブを使用すると、ボルトセット名や、非塗装領域コンポーネントで作成される領域のクリアランスを制御することができます。

  1. [次のボルトセット名について仕上げ材を作成]

    フィールド 説明 デフォルト
    [ボルトセット名] ボルトセット名を定義します。
    環境によりオプションが異なります。
    左側のチェックボックスを使用して、仕上げ材を作成するボルトセット名を選択します。
    すべてのボックスにチェックマークが付いています。
    [ボルトセット名の読み込み] このボタンを使用して、ボルトセット名を読み込みます。 無効
  2. [オプション]


    フィールド 説明 デフォルト
    [作成対象:] クリアランスを作成するオブジェクトを指定します。
    次のオプションがあります。
    • [接触領域全体]
    • [孔の隙間]
    • [オフセットを含む接触領域]
    [接触領域全体]
    アプリケーションが仕上げ材を作成できるように、2つのプレート間の最大クリアランスを指定します。 ヘッドプレートジョイントに対する1 mmのプレート隙間
    孔の隙間を指定します。
    このフィールドは、[作成対象]リストで[孔の隙間]が選択された場合のみアクティブになります。
     
    接触領域のオフセットを指定します。
    このフィールドは、[作成対象]リストで[オフセットを含む接触領域]が選択された場合のみアクティブになります。
     

[仕上げ材属性]

[仕上げ材属性]タブを使用すると、非塗装領域コンポーネント内の非塗装領域を作成する属性を選択できます。

  1. [仕上げ材属性]

    フィールド 説明 デフォルト
    [仕上げ材属性] 仕上げ材属性を選択します。
    次のオプションがあります。
    • [標準]
    • [ディテール] -> [プロパティ] -> [仕上げ材属性]で保存した、その他のすべての仕上げ材属性)
    [標準]
  2. [カスタム属性]

    これらのフィールドは、[仕上げ材属性]リストでオプション[…]が選択された場合にアクティブになります。

    フィールド 説明 デフォルト
    [名前] 図面およびレポートに表示される名前を定義します。 仕上げ材
    [材質] 材質を定義します。 Steel_Undefined
    [厚さ] 仕上げ材の厚さを指定します。 2 mm
    [色] 仕上げ材の色を指定します。
    次のオプションがあります。
    • [白]
    • [赤]
    • [緑]
    • [青]
    • [シアン]
    • [黄]
    • [マゼンタ]
    [白]
    [親部材のカットでカットする] 親部材のカットでカットするかどうかを指定します。
    次のオプションがあります。
    • [いいえ]
    • [はい]
    [はい]
  3. [位置]

    フィールド 説明 デフォルト
    [デプス] 位置を指定します。
    次のオプションがあります。
    • [中]
    • [正]
    • [背]
    [正]
    位置の深さを指定します。 0 mm

追加情報

  • 仕上げ材属性を作成する別の方法」の項に示したプロパティを含まない属性を使用してコンポーネントを作成しようとすると、アプリケーションにより、「選択された属性"(属性名)"は、鋼材の仕上げタイプではありません。詳細については、ヘルプを参照してください。」というメッセージが左下に表示されます。

  • 非塗装領域の仕上げ材を作成すると、「作成しました。」というメッセージが左下に表示されます。

このページは、古いバージョンの Tekla Structures

用に書かれたものです。

このページの更新は停止され、ドキュメントに関するコメントとフィードバックは閉じられています。

コンテンツの評価: 
まだ投票はありません