こんにちは

ログインすると、より多くのコンテンツを表示できることをご存知ですか?

Length of edge preparation

最終更新 May 16, 2018 by Steel Extensions tekla.extensions-steel@trimble.com

ソフトウェアのバージョン: 
19.0
環境: 
Not environment-specific

Length of edge preparation

目次

 

目的と詳細
システム要件
Length of edge preparationのインストール
Length of edge preparationの使用
アプリケーションのプロパティ
 

目的と詳細

Length of edge preparationコンポーネントを使用すると、プレート(ポリゴンプレートまたは梁部材で作成)の開先の長さを計算することができます。

システム要件

Tekla Structuresのバージョン: 19.0
.NET Frameworkのバージョン: 4.0
環境: すべて

Length of edge preparationのインストール

この拡張ツールをインストールするには、次のようにします。

  1. Teklaエクストラネットから、Length of edge preparationファイルパッケージをダウンロードします。
  2. ファイルパッケージを展開します。

Length of edge preparationの使用

アプリケーションを使用するには、次のようにします。

  1. 開先を作成したTekla Structuresモデルを開きます。
  2. [Length of edge preparation]ツールバーが表示されない場合、次のようにします。
    1. [ツール] > [ユーザー設定]をクリックして、[ユーザー設定]ダイアログボックスを開きます。
    2. [Length of edge preparation]ツールバーを選択して、[表示]チェックボックスをオンにします。
  3. [Length of edge preparation]ボタンをクリックします。
  4. [Length of edge preparation]ダイアログボックスが開きます。

  1. アプリケーションをすべてのプレートで実行するか、選択したプレートのみで実行するかを選択します。
  2. [計算]ボタンをクリックします。

ステータスバーに次のメッセージが表示されます。

  • [処理中...] – 計算を実行している場合。

  • [完了] – 計算が完了したとき。

  1. 結果は、プレートIDおよび対応する端部開先の全長と共に、リストレポートに表示されます。

注意: 部材を選択し、[情報]をクリックして[部材] -> [EDGE_PREP_LENGTH]とクリックして、全長を確認することもできます。

アプリケーションのプロパティ

フィールド 説明
計算: アプリケーションをすべてのプレートで実行するか、選択したプレートのみで実行するかを指定します。
次のオプションがあります。
  • すべてのプレート
  • 選択したプレート
計算 このボタンを使用して、(選択された)プレートのエッジ開先を計算します。
UDAをクリア このボタンを使用して、ユーザー定義情報をクリアします。
オブジェクトのインデックスを設定している間、このボタンは無効になります。
閉じる このボタンを使用して、アプリケーションを閉じます。
計算を実行している間、このボタンは[キャンセル]になります。

このページは、古いバージョンの Tekla Structures

用に書かれたものです。

このページの更新は停止され、ドキュメントに関するコメントとフィードバックは閉じられています。

コンテンツの評価: 
まだ投票はありません