こんにちは

ログインすると、より多くのコンテンツを表示できることをご存知ですか?

一般図部材検索ツール

最終更新 May 16, 2018 by Steel Extensions tekla.extensions-steel@trimble.com

ソフトウェアのバージョン: 
19.0
環境: 
Not environment-specific

一般図部材検索ツール

目次

 

目的と詳細
システム要件
一般図部材検索ツールのインストール
一般図部材検索ツールの使用
アプリケーションのプロパティ
追加情報
 

目的と詳細

選択した部材に従って一般図をフィルターしたり、選択した図面に基づいてモデル内の部材を検索して選択したりするには、[一般図部材検索ツール]コンポーネントを使用します。

システム要件

Tekla Structuresのバージョン: 19.0
.NET Frameworkのバージョン: 4.0
環境: すべて

一般図部材検索ツールのインストール

この拡張ツールをインストールするには、次のようにします。

  1. Teklaエクストラネットから、[一般図部材検索ツール]ファイルパッケージをダウンロードします。
  2. ファイルパッケージを展開します。

一般図部材検索ツールの使用

アプリケーションを使用するには、次のようにします。

  1. 既に一般図が作成されているTekla Structuresモデルを開きます。
  2. [一般図部材検索ツール]ツールバーが表示されない場合、以下の手順に従います。
    1. [ツール] > [ユーザー設定]をクリックして、[ユーザー設定]ダイアログボックスを開きます。
    2. GA Part Selectionのツールバーを選択して、[表示]チェックボックスをオンにします。
  3. [一般図部材検索ツール]ボタンをクリックします。
  4. [一般図部材検索ツール]ダイアログボックスが表示されます。

次のメッセージが表示されます。 "インデックスは現状の図面の状態に影響します。 図面の更新・保存をおこないますか?"
選択した内容に応じて、次のような結果になります。

  • [はい] ‒ アプリケーションで図面が開いて更新され、インデックス作成が続行されます。
  • [いいえ] ‒ アプリケーションによりインデックス作成のみ行われます。
  • [キャンセル] - アプリケーションによりインデックス作成がキャンセルされます。

図面からのオブジェクトのインデックス作成は、ダイアログボックスが開くとすぐに実行されます。
インデックス作成の実行中、 "インデックスを作成しています。 インデックス作成が完了するまでお待ちください"というメッセージが表示されます。

インデックス作成が完了すると、メッセージは"インデックス作成が完了しました"に変わります。

  1. 一般図に含まれているオブジェクトを選択する場合、[モデルオブジェクト]をクリックします。

ステータスバーに "図面リストから一般図を選択してください"というメッセージが表示されます。
注意: [図面リスト]が開いていない場合は開きます。

  1. 目的の一般図を選択します。

  1. [一般図検索ツール]ダイアログボックスで[オブジェクトの選択]ボタンをクリックします。
    1. [製品のメイン部材]オプションを選択した場合、その図面にメイン部材が含まれているすべての製品がアプリケーションでハイライトされます。
    2. [製品のあらゆる部材]オプションを選択した場合、メイン部材が含まれているかどうかにかかわらず、その図面に含まれているすべての製品がアプリケーションでハイライトされます。
    3. [部材]オプションを選択した場合、その図面に含まれているすべての部材がアプリケーションでハイライトされます。

ステータスバーに次のメッセージが表示されます。

  • "部材を選択中" – 選択が行われている間
  • "オブジェクトの選択が完了しました" – 選択完了時

  1. モデル内で選択したオブジェクトに関連付けられている図面だけをリスト表示する場合、まずモデルから部材を選択する必要があります。
  2. [部材]ボタンをクリックします。
    1. [製品のメイン部材]オプションを選択した場合、選択した部材が属する製品のメイン部材が含まれているすべての図面がアプリケーションに表示されます。
    2. [製品のあらゆる部材]オプションを選択した場合、選択した部材が含まれているすべての図面がアプリケーションに表示されます。
    3. [部材]オプションを選択した場合、選択した部材が含まれるすべての図面がアプリケーションに表示されます。

ステータスバーに次のメッセージが表示されます。

  • "対応する図面を選択中"  – 選択が行われている間
  • "対応する図面の選択が完了しました" – 選択完了時
  1. 部材が含まれているすべての一般図が[部材選択結果]リストに表示されます。

注意: 行をダブルクリックすると、対応する図面が開きます

アプリケーションのプロパティ

  1. 部材選択結果

    フィールド 説明
    オブジェクトID オブジェクトIDが表示されます。
    オブジェクトマーク オブジェクトマークが表示されます。
    図面マーク 図面マークが表示されます。
    図面名 図面プロパティダイアログボックスで図面に対して指定された名前が表示されます。
    タイトル 図面プロパティダイアログボックスで追加された図面タイトルが表示されます。
  2. モデル

    フィールド 説明
    Object selection type (オブジェクト選択タイプ) オブジェクト選択タイプを指定します。
    次のオプションがあります。
    • 製品のメイン部材 (デフォルト)
    • 製品のあらゆる部材
    • 部材
    選択したオブジェクト [図面リスト]から選択した図面に関連付けられたオブジェクトをモデル内でハイライトします。
    このボタンは、オブジェクトのインデックス作成中は淡色表示になります。
    部材 モデルで選択したオブジェクトに関連付けられている図面だけがリストされます。
    部材が選択されていない場合、 "部材が選択されていないか、インデックスが設定されていません"というメッセージが表示されます。
    このボタンは、オブジェクトの選択中は淡色表示になります。
  3. インデックスオプション

    フィールド 説明 デフォルト
    インデックスに含む部材 インデックスに含める部材を定義します。
    オプションは次のとおりです。
    • すべて
    • ビュー平面に平行
    すべて
    範囲 勾配 平行の許容角度を指定します。
    オプションは次のとおりです。
    • デフォルト
    • カスタム

    このフィールドは、[インデックスに含む部材)]リストで[ビュー平面に平行]が選択されている場合にアクティブになります。

    XS_OMIT_MARKS_
    OF_PARTS_OUT_OF_
    VIEW_PLANE_LIMIT_
    ANGLE
    により定義
    角度の許容値を指定します。
    このフィールドは、平行リストの許容角度で[カスタム]が選択されている場合にアクティブになります。
     
    インデックスの更新 平行の許容角度を指定します。
    オプションは次のとおりです。
    • 全ての図面
    • 選択された図面
    すべての図面
  4. オプション

    フィールド 説明
    インデックスの更新 図面から一時リストにオブジェクトのインデックスを作成するには、このボタンを使用します。
    このボタンは、オブジェクトのインデックス作成中は[インデックス作成のキャンセル]になります。 インデックス設定を取り消すには、[インデックス設定のキャンセル]を使用します。
    閉じる このボタンを使用して、アプリケーションを閉じます。
    オブジェクトのインデックスを設定している間、このボタンは無効になります。
    ステータスバー ダイアログボックスが待機状態になり、ダイアログボックスに、プレビュー作成の進捗を示す進捗バーが表示されます。

追加情報

  • アプリケーションを使用して図面を開こうとしたが、図面が見つからない場合、 "図面が見つかりません"というメッセージが表示されます。

このページは、古いバージョンの Tekla Structures

用に書かれたものです。

このページの更新は停止され、ドキュメントに関するコメントとフィードバックは閉じられています。

コンテンツの評価: 
まだ投票はありません