こんにちは

ログインすると、より多くのコンテンツを表示できることをご存知ですか?

自動寸法ツール

最終更新 May 16, 2018 by Tekla Extensions Global tekla.extensions-global@trimble.com

ソフトウェアのバージョン: 
19.0
環境: 
Not environment-specific

自動寸法ツール

目次

  1. 目的と詳細
  2. システム要件
  3. インストール
  4. ツールの起動
  5. [寸法作成ルールのプロパティ]ダイアログボックス
  6. ルールの使用
  7. 鉄筋と緊張材の寸法の作成
  8. ボルトの寸法の作成
  9. 技術情報
  10. 既知の問題

1. 目的と詳細

1.1. 解説

自動寸法ツールでは、ユーザー定義のルールに基づいて、選択した図面ビューに寸法を作成します。

自動寸法ツールを使用して、寸法作成対象、寸法を配置する位置、寸法の作成順序、および各寸法に使用する設定を定義できます。

自動寸法設定で望みどおりの結果が得られない場合は、このツールを使用する必要があります。

このツールは、プレキャストユニット図の寸法を作成することを主な目的としていますが、製品図で使用することもできます。 また、正面ビュー、上面ビュー、断面図など、どの図面ビューでも 使用できます。

1.2. 機能

ルールごとに、キャストユニット/製品の選択した側面に寸法線が1つ作成されます。 次の図では、4つのルールがあるので4つの寸法線が作成されます。 すべての側面に寸法を作成するように設定されるのは、最初のルール(EdgeShape)だけです。 他のルールは、2つの側面にのみ寸法を作成するように設定されます。 ルールはリストに表示されている順番に実行されます。したがって、一番上のルールが最初に実行された後、2番目以降のルールが順次実行されます。

2. システム要件

自動寸法ツールを使用するには、まずTekla Structuresをインストールする必要があります。

3. インストール

自動寸法ツールをインストールするには、次のようにします。

  1. エクストラネットから、使用するバージョンのTekla Structuresのインストールパッケージをダウンロードします(ご使用のオペレーティングシステムに応じて、32ビットまたは64ビットパッケージを選択します)。
  2. インストールを実行します。

インストールでは、インストールされるTekla Structuresが適切なバージョンかどうかがチェックされた後、次の各フォルダにファイルが配置されます。

..\nt\bin\applications\Tekla\Drawings\

  • DrawingDimensionTool_RuleCreator.exe

..\nt\bin\plugins\Tekla\Drawings\

  • DimensioningTool.dll

..\environments\common\system\

  • standard.DimensioningTool.DimensioningToolForm.xml

..\messages\DotAppsStrings\

  • DrawingDimensionTool_RuleCreator.xml
  • DimensioningTool.xml

..\nt\bitmaps\

  • DimensioningTool.bmp
  • DimensioningTool_big.bmp

..\nt\help\enu\Extensions\DimensioningTool

  • DimensioningTool.pdf

[自動寸法ツール]というユーザーツールバーが作成され、ツールを起動するためのツールバーアイコンが追加されます。 このツールバーは、図面エディタに次のように表示されます。

注意: インストール後、ツールバーの表示がオフになっている場合があります。 その場合は、次の図に示すように、[ツール] > [ユーザー設定]で表示をオンに切り替えてください。

4. ツールの起動

新しいアイコンをダブルクリックして、ダイアログボックスを開きます。

[ルールの作成]をクリックしてダイアログボックスを開きます。このダイアログボックスで新しいルールを作成できます。

5. [寸法作成ルールのプロパティ]ダイアログボックス

このダイアログボックスを使用して、寸法を作成するためのさまざまな種類のルールを作成できます。 [名前を付けて保存]コマンドを使用して作成したルールを保存すると、寸法を作成する際にそのルールを使用できるようになります。

ダイアログには、デフォルトで基本設定だけが表示されます。
その他の設定が必要な場合は、ダイアログの下部にある ボタンを使用することですべての設定を表示できます。

5.1. [寸法作成対象]

ダイアログボックスでは、作成しようとしているルールを適用して寸法を作成する対象をまず選択します。

5.1.1 [フィルター]

通常、[フィルター]は埋込み材の寸法を作成する場合に使用しますが、フィルター処理できる対象の寸法を作成する際に使用できます。

フィルターは、事前に作成しておく必要があります。 フィルターを作成するときには、次の2つの点に注意してください。

  • フィルターは、図面のビューレベルで作成する必要があります。
  • オブジェクトタイプ(部材または鉄筋)を指定するには、まず行を追加します。

必要なフィルターを作成したら、[寸法作成ルールのプロパティ]ダイアログのフィルターリストから選択できます。
注意: 新しく作成したフィルターを表示するには、ダイアログを閉じてから再度開いてリストを更新します。

5.1.2 [外形寸法]

このオプションでは、[寸法の原点]リストで選択したオブジェクトの境界ボックスの寸法を作成します。

5.1.3 [縁端形状]

このオプションでは、[寸法の原点]リストで選択したオブジェクトの縁端の寸法を作成します。

サンドイッチパネルの場合、デフォルトの[キャストユニット/製品]オプションを使用すると、望みどおりの結果が得られないことがあります。 その場合、部材名に基づいて、内部レイヤと外部レイヤの寸法を個別に作成する必要があります。

5.1.4 [副部材]

このオプションでは、キャストユニットまたは製品の副部材の寸法を作成します。

5.1.5 [孔]および[リセス]

[孔]または[リセス]オプションを選択すると、[1つの線で結合]オプションが変更され、孔またはリセスに適したオプションが表示されます。

5.1.5.1 [孔]

このオプションでは、[寸法の原点]リストで選択したオブジェクトの孔の寸法を作成します。
[1つの線で結合]の設定に従って、複数の孔が1つの寸法線に結合されます。

5.1.5.2 [リセス]

このオプションでは、[寸法の原点]リストで選択したオブジェクトのリセスの寸法を作成します。
結合は、孔の場合と同様に機能します。

5.1.6 [基準線までの距離]

このオプションでは、基準線から、[寸法の原点]リストで選択したオブジェクトの境界ボックスまでの寸法を作成します。
このオプションは、基準線が表示されている場合にのみ機能します。

5.2. [配置]

5.2.1 [寸法線の位置とリンク]

5.2.1.3 [寸法線の位置]

この4つのチェックボックスでは、寸法を作成するキャストユニットの側面を制御します。

両側(上側と下側または左側と右側)を選択すると、オブジェクトに最も近い側面にオブジェクトの寸法が作成されます。

ルールに対応してキャストユニットの一部分だけが選択されている場合は、次の例に示すように、チェックボックスのいずれかが淡色表示になります。

5.2.1.4 [寸法線のリンク]

これらのチェックボックスは、デフォルトで淡色表示されています。 垂直寸法線と水平寸法線をそれぞれ1つ選択すると、関連するリンクチェックボックスがアクティブになります。

5.2.1.5 [部分選択]

このオプションを使用すると、キャストユニットの半分にのみ寸法を作成できるようにオブジェクトを選択できます。 オプションとして、 上半分、下半分、左半分、右半分、キャストユニット全体があります。
キャストユニットの半分だけを選択すると、寸法の作成時に残りの半分のオブジェクトは無視されます。 デフォルト値はキャストユニット全体です。

5.3. [方向づけ]

この設定を使用すると、部材の傾斜した縁端部に沿って寸法を作成できます。 もう1つのオプションでは、水平寸法と垂直寸法が作成されます。

この設定は、[フィルター]オプションまたは[縁端形状]オプションを使用している場合にのみ表示されます。

5.3.1 [フィルター]オプションを使用している場合の方向づけ

[フィルター]を選択している場合、次の2つの方向づけオプションがあります。

最初のオプション では、次に示すように傾斜した縁端部に沿って寸法が配置されます。

2番目のオプション では、水平寸法と垂直寸法が配置されます。

5.3.2 [縁端形状]オプションを使用している場合の方向づけ

[縁端形状]を選択している場合、次の3つの方向づけオプションがあります。

最初の2つのオプションは、[フィルター]オプションを選択している場合と同様に機能します。 3番目のオプションでは、次に示すように縁端部に沿った寸法と水平/垂直寸法の両方が作成されます。

デフォルト値は最初のオプションです。

5.3.3 [斜断面の最小長]

この寸法では、斜め方向の寸法を作成するときの最小長を制御します。 デフォルト値は300 mmです。

この設定の使用例を次に示します。

斜断面が500 mm未満の場合、斜断面に沿った寸法は作成されず、代わりに水平寸法と垂直寸法が作成されます。

5.4. [寸法点]

5.4.1 [始点]

寸法の原点を指定します。 デフォルト値は、水平方向が左、垂直方向が下です。 マークが付いたオプションでは、寸法ごとに寸法の原点に最も近い縁端が選択されます。

5.4.2 [線の終点]

寸法線をキャストユニット/製品のもう一方の端部まで延長するかどうかを指定します。

デフォルト値では、寸法線がもう一方の端部まで延長されます。

5.4.3 [寸法]

選択したオブジェクトの寸法を作成する点を指定します。
デフォルト値は両端です。

注意: 中心点オプションを選択し、オブジェクトがカスタム部材(埋込み材)の場合、コンポーネントの挿入点が使用されます(挿入点は中心にあるとは限りません)。 他のオブジェクトの場合は、実際の中心点が使用されます。

5.4.4 [丸孔]

丸孔の寸法を作成する際に、中心点と径のどちらを使用するかを指定します。

この設定は、[孔]または[リセス]が選択されている場合にのみ表示されます。
デフォルト値は径です。

注意: 現在、丸孔の識別に使用されるのはカット部材プロファイル(頭マークD)だけです。 たとえば、丸い角処理を使用して丸孔を作成した場合、丸孔は認識されません。

5.4.5 [水平=垂直]

この設定は、ルールの作成を簡単かつ迅速にするためのものです。 多くの場合、水平方向のオプションと垂直方向のオプションの内容はほぼ同じです。この設定を使用しているときには、垂直方向のオプションを選択するだけで済みます。

5.5. [寸法記号プロパティ]

5.5.1 [プロパティファイル]

この設定を使用すると、以前に保存した寸法記号プロパティのプロパティファイルのいずれかを選択できます。

デフォルト値は[標準]です。

5.5.2 [寸法注記の作成]

寸法をリンクしている場合、通常、注記は水平寸法線にのみ表示されます。 この設定を使用すると、垂直寸法線と水平寸法線の両方の注記をオンまたはオフにできます。
技術情報: 選択した寸法記号プロパティには、注記の定義が含まれています。 [いいえ]を選択した場合、寸法を配置すると注記の内容が削除されます。
デフォルト値は、水平方向が[はい]、垂直方向が[いいえ]です。

5.6. [寸法の原点]

この設定では、寸法の原点として使用する1つまたは複数のオブジェクトを指定できます。

[キャストユニット/製品]オプションには、次の3つのサブオプションが用意されています。

  1. [コンクリート/鉄骨部材のみ] - キャストユニットの場合は、コンクリート部材だけを使用します。 鉄骨製品の場合は、鉄骨部材だけを使用します。 材木は鉄骨と同様に機能します。
  2. [すべての部材] - 材質に関係なく、すべての部材を使用します。
  3. [すべての部材と鉄筋] - すべての部材と鉄筋を使用します。

デフォルト値は、[キャストユニット/製品]です。

[メイン部材]オプションでは、キャストユニットまたは製品のメイン部材を使用します。

[部材名]オプションを選択すると、使用する部材の名前を入力できます。

[フィルター]オプションでは、寸法の原点として使用するオブジェクトを選択する事前定義されたフィルターを使用します。

5.7. 結合

5.7.1 [1つの線で結合]

このオプションを使用すると、たとえば、すべての埋込み材のフィルター(EB_*)に基づいてルールを作成し、メイン部材名に基づいて埋込み材をグループ化できます。これにより、名前の異なる埋込み材が独自の寸法線を取得できるようになります。 フィルターを適用するオブジェクトとして、部材、鉄筋、または製品を指定できます。
デフォルト値は[全オブジェクト]です。

5.7.2 [X座標またはY座標が同じであるオブジェクトだけを結合]

このオプションを選択すると、同じ水平線または垂直線上にあるオブジェクトだけが結合されます。 デフォルトでは、このオプションは選択されていません。
許容値は、オブジェクトが同じ線上にあると見なされる場合の距離を表します。

水平方向と垂直方向のどちらでもオブジェクトを結合できる場合は、優先する方向を設定できます。 デフォルト値は[X]です。

5.8. その他の設定

5.8.1 [この値より短い寸法は作成しない]

このオプションを使用すると、非常に短い寸法は作成しないようにすることができます。
デフォルト値は0です(すべての寸法が作成されます)。

5.8.2 [この値より小さい孔の寸法は作成しない]

このオプションを使用すると、小さい孔の寸法を作成しないようにすることができます。 距離は、孔の最も短い寸法を表します。 そのため、孔の寸法のいずれかが指定した値よりも大きい場合には、孔のすべての方向で寸法が作成されます。 たとえば、値40を指定すると、80*30の矩形の孔は寸法80と30の両方を取得します。
デフォルト値は0です(すべての寸法が作成されます)。

5.8.3 [コンポーネントオブジェクト]

この設定を使用して、コンポーネントオブジェクトの寸法の作成方法を指定します。

  • [参照点で] - コンポーネントの最初の入力点に寸法点を配置します。 コンポーネント内の部材数に関係なく、コンポーネントごとに寸法が1つだけ作成されます。
  • [副部材で] - コンポーネント内の各部材の寸法を個別に作成します。

デフォルト値は[参照点で]です。

6. ルールの使用

必要なルールを作成し、[名前を付けて保存]ボタンを使用して保存したら、[自動寸法ツール]ダイアログボックスのリストにそれらのルールを追加できます。 [行の追加]ボタンを使用して新しい行を作成し、下矢印ボタンを使用してリストからルールを選択します。

[線配置間隔]ボックスには、キャストユニットの縁端(最初の寸法線)または以前の寸法線(残りの寸法線)から、配置する寸法線までの距離を指定します。
新しい行の作成時には、[線配置間隔]ボックスは空白になっており、ダイアログの下部にある[デフォルトの寸法線配置間隔]が使用されます。 行ごとに異なる値を入力することもできます。 最初の寸法線に配置間隔を追加する必要がある場合は、[部材の周囲に配置間隔を追加]を使用できます。 この設定が追加されたのは、最初のルールで寸法が作成されない場合があるためです。また、各側面の配置間隔を個別に調整することが必要な場合もあります。 この場合、[側面ごとに異なる配置間隔]オプションを選択します。

ルールはリストに表示されている順番に実行されます。したがって、一番上のルールが最初に実行された後、2番目以降のルールが順次実行されます。

ルールの順番を変更する場合は、[上へ移動]ボタンと[下へ移動]ボタンを使用します。

[ルールの編集]をクリックすると、選択したルールのプロパティが開き、プロパティを編集して保存できます。

[ルールの作成]をクリックすると、[寸法作成ルールのプロパティ]ダイアログボックスが開き、新しいルールを作成できます。

[行の削除]をクリックすると、選択した行が削除されます。

6.1. ビューでの寸法の作成

ダイアログボックスですべてのルールを追加したら、[既定値に設定]または[OK]をクリックし、ビューフレーム内の点をピックします。 ピックした点にツールシンボルが追加されます。

適用したルールに従って寸法が作成されます。

7. 鉄筋と緊張材の寸法の作成

自動寸法ツールでは、鉄筋または緊張材の中心線に基づいて寸法が作成されます。
寸法を作成するには、[フィルター]オプションを使用します。

フィルターの例を次に示します。

7.1. 鉄筋または緊張材のルールの作成

中点オプションを使用して、寸法を作成するグループの各鉄筋を取得します。

始点および終点オプションによって、グループ内の最初と最後の鉄筋の寸法が作成されます。

ルールの作成を容易にするために、中点オプションによってこれらの鉄筋の始点と終点に寸法が作成されます。寸法はビュー平面と平行になります。

寸法線ごとに異なる鉄筋サイズを取得する場合は、次のオプションを使用します。

7.2. 鉄筋の寸法作成時の制限事項

7.2.1 断面図のあばら筋寸法

現在、自動寸法ツールでは鉄筋の中心線に沿った鉄筋ポリゴンの点に寸法が作成されるので、作成された寸法が役に立たない場合があります。 断面図のあばら筋の例を次に示します。 これらの寸法は、フックタイプに関係なく同様に作成されます。

この種の寸法を作成しないようにするには、適切なフィルター条件を使用します。 次の例では、あばら筋(形状=14)は除外されますが、他の鉄筋はすべて寸法が作成されます。

7.2.2 正面ビューのあばら筋寸法

自動寸法ツールでは、正面ビューのあばら筋寸法で通常使用される、次のような寸法スタイルをサポートしていません。

次の図に示すように、鉄筋グループの最初の点と最後の点にのみ寸法を作成できます。

8. ボルトの寸法の作成

ボルトの寸法は、[フィルター]オプションを使用して鉄筋やあばら筋と同様に作成されます。

寸法を作成するすべてのボルトの位置を取得するには、次の図に示すように、[寸法]設定の中点オプションを使用します。

始点および終点オプションによって、グループ内の最初と最後のボルトの寸法が作成されます。

9. 技術情報

9.1. ファイル

ルールは、.DimRuleXmlという拡張子が付けられ、モデルフォルダの下の\attributesフォルダに保存されます。

[自動寸法ツール]ダイアログボックスで設定を保存すると、.DimensioningTool.DimensioningToolForm.xmlという拡張子が付けられて保存されます。

これらのファイルは、別のモデルフォルダ、あるいはXS_SYSTEM、XS_FIRM、またはXS_PROJECTフォルダに移動またはコピーできます。

9.2. フィルターに関するヒント

9.2.1 孔またはリセスのフィルターの作成

カット部材のフィルターを作成できます。 次のように設定します。

カット部材のフィルターは、モデリングモードで作成する必要があります。 次の操作を行います。
1行目を追加します。 [値]フィールドに「11」と入力するには、[モデルから選択]を使用し、カット部材を選択します。
2行目の[プロパティ]フィールドには、手動で「NAME」と入力する必要があります。 NAMEは大文字で入力する必要があります。

9.2.2 製品のメイン部材のフィルターの作成

サブアセンブリが多数のオブジェクトで構成されており、寸法を作成する際にメイン部材だけを選択する場合は、このフィルターを作成します。

9.2.3 寸法注記の除外フィルターの作成

寸法注記の内容から複数のオブジェクトを除外する必要があることがよくあります。 次の例のフィルターを使用すると、"HVAC"という名前のカット部材を除くすべてのオブジェクトを注記の内容から除外できます。

9.3. 更新動作

バージョン 180.2以降では、キャストユニットのメイン部材の図面オブジェクトを変更すると、自動寸法ツールが更新(再実行)されます。 これにより、マクロを使用して更新をトリガーすることが可能になります。

マクロシンボル を別の場所にドラッグすると、自動寸法ツールも更新されます。

10. 既知の問題

  • 図面の更新時に、自動寸法ツールは自動的には実行されません。 既存の寸法(手動で作成した寸法)には、通常どおり変更が反映されます。
  • 新しく追加されたオブジェクトには、図面の更新時にTekla Structuresの自動寸法機能によって寸法が作成されます。 これらの新しい寸法が既存の寸法と正しく結合されないことがよくあります。 そのため、自動寸法作成をオフにすることをお勧めします。 図面プロパティで自動寸法の設定を変更することによって、この機能をオフにできます。 すべての寸法作成オプションで、[オフ]または[いいえ]を選択します。
    新しく追加されたオブジェクトの寸法を既存の寸法と正しく結合するには、自動寸法ツールを手動で更新します(アイコンをダブルクリックし、変更します)。

このページは、古いバージョンの Tekla Structures

用に書かれたものです。

このページの更新は停止され、ドキュメントに関するコメントとフィードバックは閉じられています。

コンテンツの評価: 
まだ投票はありません