こんにちは

ログインすると、より多くのコンテンツを表示できることをご存知ですか?

梁(曲)

最終更新 May 16, 2018 by Steel Extensions tekla.extensions-steel@trimble.com

ソフトウェアのバージョン: 
19.0
環境: 
Not environment-specific

梁(曲)

目次

 

目的と詳細
システム要件
曲げ梁配置ツールのインストール
曲げ梁配置ツールの使用
アプリケーションのプロパティ
アプリケーションのボタン
追加情報
 

目的と詳細

2点梁(曲)コマンドと同じ方法で梁(曲)を作成して、最終結果を梁(折)にするには、曲げ梁配置ツールコンポーネントを使用します。

システム要件

Tekla Structuresのバージョン: 19.0
.NET Frameworkのバージョン: 4.0
環境: すべて

曲げ梁配置ツールのインストール

この拡張ツールをインストールするには、次のようにします。

  1. Teklaエクストラネットから、曲げ梁配置ツールファイルパッケージをダウンロードします。
  2. ファイルパッケージを展開します。

曲げ梁配置ツールの使用

アプリケーションを使用するには、次のようにします。

  1. Tekla Structuresモデルを開きます。
  2. [曲げ梁配置ツール]ツールバーが表示されない場合、以下を実行します。
    1. [ツール] > [ユーザー設定]をクリックして、[ユーザー設定]ダイアログボックスを開きます。
    2. [曲げ梁配置ツール]ツールバーを選択して、[表示]チェックボックスをオンにします。
  3. [曲げ梁配置ツール]ボタンをクリックします。
  4. [曲げ梁配置ツール]ダイアログボックスが開きます。

  1. プロファイルを選択します。

注意: プロファイルを選択する前に[作成]ボタンをクリックした場合、 "有効なプロファイルを選択してください"というメッセージが表示されます。

  1. 材質を選択します。

注意: 材質を選択する前に[作成]ボタンをクリックした場合、 "有効な材質を選択してください"というメッセージが表示されます。

  1. 半径を選択します。

注意: 半径フィールドに値を入力する前に[作成]ボタンをクリックした場合、 "半径が短すぎます"というメッセージが表示されます。
注意: 最初にピックした点と2番目にピックした点の距離の半分が半径より短い場合、 "半径が短すぎます"というメッセージが表示されます。

  1. [作成]ボタンをクリックします。
  2. 最初の点をピックします。

  1. 2つ目の点をピックします。

  1. 2番目の点をピックすると、梁(曲)が自動的に作成されます。

アプリケーションのプロパティ

  1. [属性]タブ

    1. マークシリーズ

      フィールド 説明
      [部材マーク頭文字]と[部材開始番号] 梁の部材マークシリーズを定義します。
      [製品マーク頭文字]と[製品マーク開始番号] 梁の製品マークシリーズを定義します。
    2. 属性

      フィールド 説明 デフォルト
      名前 梁の名前を定義します。 名前なし
      プロファイル プロファイルライブラリから梁のプロファイルを選択します。 プロファイルなし
      材質 材質ライブラリから梁の材質を選択します。 材質なし
      仕上げ 仕上げタイプを定義します。 仕上げなし
      クラス 梁のクラス番号を定義します。 0
      ユーザー定義情報 梁のユーザー定義プロパティを定義します。  
  2. [位置]タブ

    1. 位置

      フィールド 説明 デフォルト
      平面上 作業平面上の梁の位置を定義します。
      オプションは次のとおりです。
      位置の値を定義します。 0 mm
      回転 作業平面上で梁を軸まわりにどこまで回転させるかを定義します。
      オプションは次のとおりです。
      • 正面
      • 背面
      正面
      回転角度を定義します。 0度
      デプス 作業平面に対して垂直な方向におけるは梁の位置(デプス)を定義します。
      オプションは次のとおりです。
      位置の値を定義します。 0 mm
    1. 梁(曲)

      フィールド 説明 デフォルト
      半径 曲率平面と梁(曲)の半径を定義します。
      オプションは次のとおりです。
      • XZ平面
      • XY平面
      XZ平面
      半径の値を定義します。 0 mm

アプリケーションのボタン

プロパティ 説明
作成 ダイアログボックスのプロパティを使用して新しい梁を作成します。
変更 ダイアログボックスのプロパティを使用して選択された梁(曲)を変更します。
このボタンは、次の特性を持つ梁でのみ機能します。
  • 梁(折)である
  • 3つの点がある
  • 中心点が角処理タイプの円弧に設定されている
取得 選択された梁のプロパティをダイアログボックスに入力します。
このボタンは、次の特性を持つ梁でのみ機能します。
  • 梁(折)である
  • 3つの点がある
  • 中心点が角処理タイプの円弧に設定されている
キャンセル プログラムを終了します。

追加情報

  • 通常の梁のプロパティを取得または変更する場合は、 "The next objects are not curved beams: ID1, ID2…..(次のオブジェクトは梁(曲)ではありません: ID1、ID2)" というメッセージが表示されます。
  • 通常の梁ダイアログの回転値は、必ずしも梁(曲)ツールダイアログの回転値と同じではありませんが、梁(曲)ツールの回転は正確です。

このページは、古いバージョンの Tekla Structures

用に書かれたものです。

このページの更新は停止され、ドキュメントに関するコメントとフィードバックは閉じられています。

コンテンツの評価: 
まだ投票はありません