こんにちは

ログインすると、より多くのコンテンツを表示できることをご存知ですか?

キャッププレートディテール

最終更新 May 16, 2018 by Steel Extensions tekla.extensions-steel@trimble.com

ソフトウェアのバージョン: 
19.0
環境: 
Not environment-specific

キャッププレートディテール

目次

 

目的と詳細
システム要件
キャッププレートディテールのインストール
キャッププレートディテールの使用
部材の識別キー
ピクチャー
部材
 

目的と詳細

柱/梁または折れ梁にキャッププレートを作成するには、[キャッププレートディテール]コンポーネントを使用します。

システム要件

Tekla Structuresのバージョン: 19.0
.NET Frameworkのバージョン: 4.0
環境: すべて

キャッププレートディテールのインストール

この拡張機能をインストールするには、次のようにします。

  1. Teklaエクストラネットから、キャッププレートディテールファイルパッケージをダウンロードします。
  2. ファイルパッケージを展開します。

キャッププレートディテールの使用

この拡張機能を使用するには、次のようにします。

  1. 柱/梁または折れ梁を作成します。
  2. [コンポーネントカタログ]で、[キャッププレートディテール]を選択します。
  3. メイン部材(柱/梁)を選択します。
  4. キャッププレートを作成する位置をピックします。 柱の中心線、側面、または任意の場所で点をピックできます。 作成されたコンポーネントは常に中央に配置されます。
    コンポーネントの位置をピックすると、キャッププレートが自動的に作成されます。
状況 説明
"I"形鋼の柱に作成された1つの角が角処理されたキャッププレート。
鋼管柱に作成されたキャッププレート。
一方のキャッププレートは鋼管柱に作成され、もう一方のキャッププレートは"I"形鋼の柱に作成されています。

部材の識別キー

番号 部材
1 キャッププレート

ピクチャー

[キャッププレートディテール]コンポーネントで作成された部材の寸法を制御するには、[ピクチャー]タブを使用します。

  1. キャッププレートの形状タイプ

    オプション 説明
    デフォルト
    長方形
  1. 長方形の場合

    以下のオプションは、[キャッププレートの形状タイプ][長方形]に設定した場合にのみ使用できます。

    1. 部材マーク


      フィールド 説明 デフォルト
      水平方向の角処理寸法。
      [角処理]のオプションで[面取り無し]を選択している場合、このフィールドは無効になります。
      20 mm
      垂直方向の角処理寸法。
      [角処理]のオプションで[面取り無し]を選択している場合、このフィールドは無効になります。
      20 mm
      右端からキャッププレートまでの水平距離。
      このフィールドは、[部材]タブのプレート幅が空白の場合にのみ考慮されます。
      0 mm

       

      キャッププレートの水平オフセット。
      このフィールドは、[部材]タブのプレート高さの値が指定されている場合にのみ考慮されます。
      0 mm
      左端からキャッププレートまでの水平距離。
      このフィールドは、[部材]タブのプレート幅が空白の場合にのみ考慮されます。
      0 mm
      下端からキャッププレートまでの垂直距離。
      このフィールドは、[部材]タブのプレート高さが空白の場合にのみ考慮されます。
      10 mm
      キャッププレートの垂直オフセット。
      このフィールドは、[部材]タブのプレート高さの値が指定されている場合にのみ考慮されます。
      0 mm
      上端からキャッププレートまでの垂直距離。
      このフィールドは、[部材]タブのプレート高さが空白の場合にのみ考慮されます。
      10 mm
  1. [角処理]のオプション

    オプション 説明
    デフォルト
    面取り無し
    ラインカット角処理
    凸円弧の角処理
    凹円弧の角処理
  1. 丸の場合

    以下のオプションは、[キャッププレートの形状タイプ][丸]に設定した場合にのみ使用できます。

    フィールド 説明 デフォルト
    キャッププレートの縁端距離のオフセット。 3 mm

部材

[部材]タブを使用して、[キャッププレートディテール]コンポーネントで作成された部材のプロパティを定義できます。

  1. 部材プロパティ

    フィールド 説明 デフォルト
    [マーク] 部材マークの頭マークと開始番号を定義します。 P1
    [材質] 材質を定義します。 選択した部材の材質
    [名前] 図面およびレポートに表示される名前を定義します。 CAP_PLATE
  1. 部材寸法

    [キャッププレートの形状タイプ][丸]に設定した場合、幅と高さは無効になります。

    フィールド 説明 デフォルト
    [キャッププレート] キャッププレートの厚さ、幅、および高さを定義します。 - 厚さ= 1.5 * (プロファイルのウェブまたはプレートの厚さ)
    - 幅=プロファイルの幅、プロファイルの直径、または高さ('h'フィールド)のうち、0ではない最初の値。
    - 高さ=プロファイルの高さ、プロファイルの直径、または200 mmのうち、0ではない最初の値。

このページは、古いバージョンの Tekla Structures

用に書かれたものです。

このページの更新は停止され、ドキュメントに関するコメントとフィードバックは閉じられています。

コンテンツの評価: 
まだ投票はありません