こんにちは

ログインすると、より多くのコンテンツを表示できることをご存知ですか?

部材合成ウィザード

最終更新 May 16, 2018 by Steel Extensions tekla.extensions-steel@trimble.com

ソフトウェアのバージョン: 
19.0
環境: 
Not environment-specific

部材合成ウィザード

目次

 

目的と詳細
システム要件
部材合成ウィザードのインストール
部材合成ウィザードの使用
アプリケーションのプロパティ
 

目的と詳細

部材合成ウィザードコンポーネントを使用すると、ディテールを含む部材を簡単に合成することができます。
部材合成コマンドを使用して部材を合成すると、その部材に関連付けられているボルト、角処理(面取り)、溶接、および鉄筋は失われます。
部材合成ウィザードは、これらのディテールを処理して、新しく形成された部材にそれらを再度割り当てるため、それらのディテールが失われません。

システム要件

Tekla Structuresのバージョン: 19.0
.NET Frameworkのバージョン: 4.0
環境: すべて

部材合成ウィザードのインストール

この拡張ツールをインストールするには、次のようにします。

  1. Teklaエクストラネットから、部材合成ウィザードファイルパッケージをダウンロードします。
  2. ファイルパッケージを展開します。

部材合成ウィザードの使用

アプリケーションを使用するには、次のようにします。

  1. Tekla Structuresモデルを開きます。
  2. [部材合成ウィザード]ツールバーが表示されない場合、次のようにします。
    1. [ツール] > [ユーザー設定]をクリックして、[ユーザー設定]ダイアログボックスを開きます。
    2. [Attach Part Wizard]ツールバーを選択して、[表示]チェックボックスをオンにします。
  3. [部材合成ウィザード]ボタンをクリックします。
  4. [部材合成ウィザード]ダイアログボックスが開きます。

  1. [部材合成]ボタンをクリックします。
  2. さらに、次のように促されます。
    1. 部材を関連付ける先の部材を選択します。

  1. 追加する部材を選択します。

  1. マウスの中ボタンをクリックして終了します。
  2. 部材が合成されます。

注意: 合成前に作成されたボルト、角処理、および鉄筋は削除されません。溶接は、合成される部材との間にない場合、削除されます。

アプリケーションのプロパティ

フィールド 説明
部材合成 このボタンを使用して、部材を合成します。
ヘルプ このボタンを使用して、ヘルプファイルを開きます。
閉じる このボタンを使用して、アプリケーションを終了します。

このページは、古いバージョンの Tekla Structures

用に書かれたものです。

このページの更新は停止され、ドキュメントに関するコメントとフィードバックは閉じられています。

コンテンツの評価: 
まだ投票はありません