こんにちは

ログインすると、より多くのコンテンツを表示できることをご存知ですか?

詳細設定の変更

最終更新 May 16, 2018 by Tekla Global Support tekla.structures.ghd@trimble.com

ソフトウェアのバージョン: 
19.0
環境: 
Not environment-specific

詳細設定の変更

1.目的と詳細

このツールを使用すると、デフォルト設定との比較処理を自動化して、モデルにおいて変更されている詳細設定を検出することができます。

2.システム要件

.NET Frameworkのバージョン:4.0
環境:すべて
言語:英語
Tekla Structuresのバージョン:19.0

3.操作手順

1. Tekla Structuresのバージョン19.0を実行し、モデルを開いておきます。
2.起動するには、[ツール] > [マクロ] > [AdvancedOptionChanges]に移動します。この操作によりダイアログボックスが開きます。
3.マクロが実行されるのを待ちます。
4.変更された詳細設定が表示されます。
5.オプション名をコピーし、[詳細設定]ダイアログボックスからそれを検索します。
6.[結果を開く]ボタンをクリックし、テキストファイルの結果を確認します。

4.技術的詳細

このツールでは、[詳細設定]ダイアログボックスで使用できる"ファイルへの書き込み"機能を使用して、比較が実行されます。
比較処理は次のとおりです。

1.[詳細設定] > [ファイルへの書き込み]*(options.txt)を選択します。
2.作業モデルを保存します。
3.新規の一時モデルを作成します。*
4.[詳細設定] > [ファイルへの書き込み](default_options.txt*)を選択します。
5.作業モデルをコピーして、名前を変更します。
6.作業モデルを開きます。
7.2つのテキストファイルを比較します。
8.一時モデルを削除します。
注記:このツールでは、モデル固有のオプションの変更のみが比較されます。
(USERおよびSYSTEMタイプのオプションの変更を追跡することはできません。)
*1. [詳細設定]ダイアログボックスの[ファイルへの書き込み]です。モデルフォルダに"options.txt"を作成し、現在のモデルで使用されているすべてのオプションを書き込みます。
*3.現在のモデルと同じモデルテンプレートおよびモデル種別の一時モデルを新規に作成します。
*4.新規モデルから作成された"options.txt"ファイルの名前を"default_options.txt"に変更し、現在のモデルフォルダにコピーします。

5.技術的な問題点

Open APIを使用してモデルを開いた場合、XS_ORIENTATION_PROJECT_NORTHの値が変更されるという不具合があります。
"詳細設定の変更"マクロを同じモデルに対して複数回実行すると、次の項目が表示されます。

この不具合は、Tekla Structures 19.0.2および190. SR2のリリースで修正されています。

このページは、古いバージョンの Tekla Structures

用に書かれたものです。

このページの更新は停止され、ドキュメントに関するコメントとフィードバックは閉じられています。

コンテンツの評価: 
まだ投票はありません